政治 ブログランキングへ さらさらの部屋 忍者ブログ
16 . November
とまあ、色々な事がありまして^^;

今回の外国人労働者の受け入れに関する法案。入管法改正案に対する私の見解と言うか。
こうなんじゃなかろうか?・・・と言う話を書いてきたわけなんですけれど^^;
とにもかくにも。
今回の一件と言うか。昨今の移民政策については明らかに普通ではありませんでした。

んー。まあ、様々な理由が考えられるんですが。
やはり一番の理由を挙げるのだとしたら、日本の財界。経済界がいかに情けないのか。
今回のような不完全な法案を、それでも通せ。などと主張する言動を。
恥ずかしいとも思わない点に日本経済の最大の問題点があるだろう。と私は思います。


・・・いや、別に全てが全て悪い。と言うつもりは私にも無いんです^^;
何しろ先の民主党政権を耐え忍び、生き抜いてきた方々なわけですからね^^
私個人としても民主党政権の当時は、あまりにも状況が悪過ぎる。と思いますし。
もう本当にバカ過ぎて。ダメ過ぎて日本から出ていく。
本格的に海外に拠点を移す事があったとしても、仕方ないだろうなぁ。・・・と、
そのように考えていたくらいです^^;

ですが、日本企業は残って下さいました。
よくぞあれほどまで無駄に上がり続ける異常な円高。逆に底なしに下がり続ける株価。
それを打開出来ない戦後最悪のバカ政権。
こんな状況でも、よくぞ日本に残ってくれた。・・・と、
私個人と致しましても、大きく評価している次第で御座います^^

ただ。

それらは、あくまでも個別の企業であり。個々人の話だと私は思うんです。
日本経済全体を論じる。となると、なぜか迷走を始めるのは・・・やはり問題だと思います。
あの・・・ハッキリ言います。
日本経済を取り仕切っている人間がバカ過ぎて、経済界全体がバカだと思われているんです。
この状況を変えるためにも、今現在にトップにいる人間を引きずり下ろして改革するべきです。


いや、もちろんね^^;
私は経済が苦手ですし。そもそもが学も才も無いチンピラ風情の人間です。
ですので、本当なら経済について意見を述べるべき立場に無い事は百も承知の上です。

それでも、です。

あえて言わせて頂きますが、経済の上にあるのが安全保障です。
よって安全保障を無視した経済戦略を主張する事など、基本的にあってはならない事なんです。
そんな事をすれば冗談でも何でもなくて、国家が滅びてしまうからです。

安全保障を無視した国家戦略は、最初から失敗する事が確定している。
これは政治の常識です。
もっと言えば、そもそも経済とは安全保障体制における平和。
安定的な環境において成立はずのものが、通常の経済活動なのであって。
経済活動のために安全保障。平和と安定が左右される事など断じてあってはならないんです。
それでは完全に本末転倒であり、明らかに道理に反するんです。


うん・・・本当にね。
この点を指摘して、今の日本経済。日本の財界を厳しく批判出来ない現状について。
そのような極めて良識ある声が聞こえてこない事は、ひたすらに日本国民として悲しいです。
日本の経済人と言うのは、どれだけ自分の事しか考えない情けない人間ばかりなのか。
その事実に対して愕然とする以外にはありません。

・・・もし仮に。
あの松下幸之助さんが生きていれば、絶対に今のような無分別な移民政策。
何の準備もないままに外国人労働者を受け入れる事には、声を大にして反対したはずです。
そのような人間が存在しない事は、いかに日本経済を取り仕切る人間がダメ人間なのか。
また、そんなダメ人間を放置する程度には、どれだけ経済界が薄情者の集まりであるのか。

どうして・・・はぁ~。ここまでチンピラ風情に言われるくらいに情けなくなったのか。
事ここに及んでなお自浄作用を発揮出来ないのだとしたら。
もう二度と経済界は日本の政治。日本政府に対して意見を述べるべきではない。と思います。
大変失礼ながら。
日本の政治を論じる資格。天下国家について論じる資格は、今の日本の財界にはありません。



・・・んー。物凄く基本的な事を言いますとね^^;

経済と言うものを一言で表現するのならば・・・流通で御座います。
人。モノ。金。サービス。情報が流通してこそ経済市場が成立するはずです。
そして、その流通が成立するのは平和的な。安定的な環境があればこそ、であるはずです。
その安定的な環境が破壊されて流通が阻害される事は、そのまま経済活動の停滞を意味します。
大変失礼ながら、経済を司る人間であるのならば。
まず第一に。この基本的な点について考量するのは常識であるかと思います。

「混乱した状況でも。戦争状態でも経済活動は成立する。利益は獲得出来るだろう」

いや、それはあくまでも戦争の当事者になっていない場合の話です^^;
実際に当事者。戦争の影響を受ければ、当然のように経済活動は停滞し、損失が発生します。
・・・それでも利益を獲得する。と言う場合については。
それは個人での話であり、軍需産業など一部の企業だけの話です。
国家全体。社会全体における経済活動は確実にマイナスになる事は間違いありません。

よって。

結論としては、あらゆる経済人にとって安定的に。持続的に利益を獲得するためには。
混乱状態とならない事。戦争状態とならない事を第一とするべきであり。
それゆえに、平和を守るための手段としての安全保障が経済よりも優先される事は必然。
個人の利益や一部の利益よりも、国家全体。社会全体の利益が優先されて然るべきなんです。
これこそが物事の道理であるはずです。

そんなわけで。
何らかの政治的な発言をするのであれば。
必ず国家全体。国民全体の事を考えた上で発言をするべきなんです。
個人の利益。一部の利益だけで政治的な発言をしようとする事ほど罪深い事はありません。



無論。日本は資本主義経済における自由主義経済なわけですし。
何においても自分の利益を優先する。・・・と言うような。
一昔前のホリエモンやら村上ファンドみたいな。
そんなハゲタカやらヘッジファンドみたいなのがあってもよろしい^^;

資本主義における自由主義経済では、そのような方々が出てくるのは当然だと思いますからね。
なので、そんな意見。価値観が存在する事すら許さない。とは私も言いません。
そのような思想みたいなのがあっても良いと思います。
以前にも書きましたが、それらをダメだ。と言うほど私も独善的ではありませんから^^;

ただし。

それらの全ては、あくまでも個人レベルの話です。
そのような価値観。思想が国家全体。社会全体で通用すると思ったら大間違いです。
言うまでもない事ですが、そんなものを政治に持ち込んだら確実に国家は滅亡します。


・・・うん。当たり前でしょう?
そんなに難しい話じゃないでしょう?^^;
にもかかわらず、それを平気でやっていたのが一昔前のグローバルスタンダードです。
自分の利益。金勘定を優先するあまり、無自覚に世界を滅ぼそうとしていた連中の事です。

いやいや、まったくもって実に迷惑な話でした^^;
このような銭屋と言いましょうか。金に腐り超えた豚とでも言いましょうか。
そんな連中の後始末をして回ったのが、私ども安全保障の人間になります。
無分別なグローバルスタンダードによりボロボロになった安全保障体制を立て直す事。
それが一体どれだけ大変だった事か。
ホントにね。・・・極端過ぎるグローバリストの方々には反省して欲しいと思います^^;


よろしいですね?
今回のような無分別な移民政策の推進。
十分な準備も無いままに外国人労働者の積極的な受け入れと言うのも。
このような極端過ぎるグローバリストの中に含まれるんです。
何度も言いますが、貴方達と言うのは非常に罪深い事をしているんですからね?
・・・経済だけで全てを語れるほどに、この世界と言うのは小さくないんですよ?


とまあ、そんなわけで百歩譲って単なる一般人ならば、いざ知らず。
何らかの公共性が伴う立場。社会的な地位にある人間が自分の利益とか一部の利益だけ。
それだけを考えて政治に対して意見を述べる事はダメなんです。
必ず国家全体。社会全体の事を考えて、政治に関する意見を述べるべきなんです。

・・・どうしても自分の利益。一部の利益を優先したい。と言うのなら私も止めません。
ですが、そうだとすれば政治的な発言は控える。と言う程度の良識を示すべきです。



それで最後にね。
ちょっとだけ話は変わるんですけど、このような話って経済界だけじゃありませんよね?
他の業界。教育界とか法曹界。もちろんテレビ業界などのメディアでもそうです。

普通の。一般の人々はマトモなんです。物凄く常識的です^^;
普通の企業の社長さん。普通の弁護士さん。普通の教師さん。
普通のジャーナリズムを追求するジャーナリストさん。
その大多数の。誰もがみんなマトモな常識人だろうなぁ。と私は思います^^

しかしながら。

これが業界のトップ。または、それに近しい立場になると途端におかしくなるんです。
同じ日本人とは思えない。
まるで中国人や韓国人を相手にしているような気分になってくるんです^^;
これってさ・・・私の気のせいでしょうか?


あの、ですねぇ。
既に書いたように業界のトップがバカだと、業界全体がバカに見えてしまうんです^^;
仮にトップだけがおかしい。・・・のだとしてもね。
第三者の外部の人間から見たら、その意見が業界全体の意見だ。と、
そのように感じしてしまうのは、これはもう仕方のない事だとも私は思うんです。

ですので、外部の人間。それもチンピラ風情の私が言うのもアレなんですけどね^^;
今の日本の各業界。そのトップにいる普通じゃない人。おかしい人。
まるで中国人や韓国人みたいな自分勝手なへ理屈ばかり述べて、ムチャクチャな事を言う人は。
ちゃんと排除した方が良いと思います。自浄作用を発揮した方が良いと思います。


一つ確認します。
ここは日本です。中国でも韓国でもありません。
そして、ここで生きているのは日本人です。
ならば日本人としての責任を果たされるべきだと思います。
どうか今一度。一番大切なものが何か。それを思い出して下さいませ。

・・・これ以上の事は、私のようなチンピラ風情に言わせないで下さいませ。



とまあ、こんな感じかな。いやはや^^;

それでは本日もまた失礼致しました。皆々様。おやすみなさいませ^^

拍手[4回]

PR
13 . November
と言うわけで、前回は確認だけの話で終わってしまったわけなんですけどね^^;

なぜに私が同じ事を繰り返したのか?と言いますと、一つの事実を明確にしたかったからです。
それは人手不足。労働力不足を理由に今回の法案に賛成する事はあり得ない点です。
うん。あまりにも法案それ自体が劣悪で不備があり過ぎます^^;
社会情勢が不安定化するどころか。世界情勢それ自体が不安定化する。なんて事になったら。
マトモな経済活動が何一つ出来なくなってしまいます。

しつこいようですが、経済戦略の上にあるのが安全保障戦略なのであり。
その安全保障による平和。安定した環境を想定して、経済活動と言うのは成立するんです。
・・・安全保障。日米同盟を破壊しようとする時点で経済人としては失格。
そんな連中が人手不足だの。労働力不足だの。と騒いでも何の説得力もありません。
と言うわけで。
常識的に。理性的に考えて、マトモな人間ならば絶対に賛成するはずがない法案です。



それでもなお賛成する場合には・・・うーん。三つの場合になるでしょうか。

まず一つ目は何も知らなかった場合。
今回の法案に含まれる最悪のリスクの存在を知らなかった場合です。
これは一般人であればセーフです。一般人が安全保障を熟知するのは難しいからです^^;
ただし。
これが何らかの公的な立場。高い公共性や社会性が問われる立場であれば話は変わります。
例えば・・・経団連の会長さんなどになりますね^^;

よろしいですか?
知らなかった。わからなかった。では許されない罪が世の中にはあるんです。
すなわち無知ゆえに無自覚に祖国を滅ぼす。と言う事なので。
簡単に言えばルーピー鳩山と同罪である。と考えて頂ければよろしいかと思います^^;
・・・重ねて申し上げます。知らなかった。では許されない罪があるんです。
必死で命乞いをしないと殺されてしまいますよ?


でまあ、二つ目は明確な意図。それも悪意をもって賛成していた場合。
要するに本当に中国の手先となって動いていた場合です。
・・・うん。そうですよねぇ?
そんな邪悪な人間が日本の財界には結構いますものねぇ?
単なる親中派ではなくて反日勢力。それも売国行為を平然とする輩がいる事は。
これは日本の財界においては公然の秘密であるはずです。

今までは日中関係があったがために、表沙汰にならなかっただけの話です。
ですが、既に状況は変わったんです。
今や安全保障。日米同盟が問われる事態となったのです。
もはや見て見ぬフリが出来る状況じゃないんです。そんな次元の話じゃないからです。


そんなわけで、この方々と言うのは相当にヤバイです。
・・・いやいや、もうヤバイなんてもんじゃありません^^;
前回にも書きましたが、一連の動きを全て日米両政府は完璧に把握しているはずであり。
もう絶対に見逃してもらえないと思います。
正直な話。
今すぐに逃げた方がよろしいかと思います。誰も守ってくれませんからね。
中国。習近平ですら知らぬ存ぜぬを通して切り捨てられて終わりです。
と言うのも、日本の親中派を切り捨てる以外には習近平が助かる道が無いからです。
うん。そうなんですからね?^^;

「私は日米同盟を破壊しようなどと思っていません。あいつらが勝手にやりました」

・・・と、そのように主張する以外に習近平が生き残る道が無いからです。
今以上にアメリカとの対立を回避するためには、そう言い訳をするしかないからです。

えーと。今更の話ですが、習近平は信用するに値しない人物です^^;
自分の利益のためなら。自己保身のためなら何であろうと誰だろうと犠牲にする人間です。
信じるだけバカを見る事になるので・・・本気で逃げ出した方が良いと思います。


最後に三つ目は全てを覚悟の上で賛成している場合ですね。
何度も書いている事ですが、今回の法案は日本どころか世界が滅びる可能性があります。
まさに想像しうる最悪のリスクが存在するわけで、通常であれば全力で反対するべきです。
中国。習近平と言う明らかに邪悪な思惑。目的を持っている勢力が目の前にいる以上。
日本が入管法改正案を含め外国人労働者の受け入れ。移民政策の推進それ自体と言うのは。
本来ならば、全身全霊を賭して阻止するべき法案である事は間違いありません。

しかし、です。

それでもなお賛成する。可決させる。となれば極めて特殊かつ重大な理由がある。
何らかの凄まじい目的である。と考える以外にはありませんし。
実際に安倍政権。安倍総理は、そのような目的を持っている。と言う以外には考えられないし。
そうじゃない限り日本どころか世界が滅びると思いますからねぇ。
ともかく。そのように考えると今の現状と言うのは・・・一言で言ってしまえばね。
日本どころか世界を生かすも殺すも安倍総理の一存次第。と言う状況であるわけです。

まあ、もちろん事前にアメリカ側。トランプさんと十分に話し合った結果。
日米双方が納得した上で行動しているのだとは思いますけれど^^;
でも、これは・・・マジですからね?
今や私達日本の内閣総理大臣である安倍晋三と言う一人の政治家が。
日本一国のみならる世界中の国家。人々の命運を握っている・・・わけです。


いやぁ~。ホントにさ^^;
いくらアメリカ側。トランプさんと仲が良いとは言っても、こんな状況になるなんて。
こんな時代がやってくるなんて私も想像もしておりませんでした。ナハハハ^^;

ここまで全面的に安倍総理を信頼して一任する。・・・って。
アメリカの安全保障の観点から考えても、ちょっと躊躇うだろうなぁ。とは思うんですけど。
うん。ホントにさ。よくぞアメリカ側。トランプさんも許可しましたよねぇ。
だって。
アメリカもまた安倍総理と一蓮托生だ。と言う事なんですから。
何度も言いますが、安倍総理が失敗したら日本どころか世界がひっくり返ります。
もう冗談じゃなくて、日本の滅亡をキッカケとして世界が滅亡するわけですから・・・。
普通だったら、ちょっと待てよ。とストップがかかるはずなんですけど。
それでもゴーサインが出たわけでしょう?^^;
だとしたら、よっぽど事前の話し合いがあって。安倍総理を信頼している。
本当の本当に。誰もがみんな安倍総理を信じているんでしょうねぇ。きっと^^



とまあ、こんな感じで日本国内だけではなくて。
日本国外。他国の視点から今回の一軒を見てみると、いかに今回の問題が大きいのか。
それもケタ違いなまでに超ド級の問題であるのか。がわかりやすいかと思います^^
ですので、前置きが長くなりましたが本日は中国からの視点を話題にしたいと思います。
それでは参りましょう^^

まず改めての確認です。
中国の基本的な対日戦略は日本を植民地同様に支配し、搾取する事を最終目標としています。
なので、日中友好と言うようなものは、そのための嘘八百であり単なるプロパガンダです。
・・・そんなものを本気で信じているのは日本側だけ。私達日本人だけです^^;

でまあ、これこそが現在の中国共産党による一党独裁体制。
または習近平と言う一個人による独裁体制における不動の方針だと考えてよろしいでしょう。
うん。そうですね。
現在の中国は支配と言う目的以外で日本に接する事をしませんし、そもそも出来ません。

いえ、より正確に言えば日本を含めた全ての国家。と言うのが正しかったですね^^;
今の中国。習近平はあらゆる国家を支配し、あらゆる国家を搾取しようとしています。
協調。共存とか和解。友好と言うものは、そもそも存在しません。
この理由は、ひとえに中国が経済の自由化。政治の民主化を拒絶しているからです。


一つ確認しておきますが、中国の支配体制には限界と言うものがあるんです。
独裁国家。非民主主義国家においては、ある一定以上の発展が出来なくなるんです。
なぜならば、独裁体制と言う極めて閉鎖的な国家システムが発展を阻害しているからです。
そのために現在の中国が自由化や民主化などの国内改革をせずに発展するためには。
対外的な形で拡張。拡大する以外には無い・・・わけです。
そのために他国を支配する。植民地のように搾取する。と言う事が出てくるわけですね^^;

このような中国の基本的な点を理解していれば。
経済の自由化。政治の民主化が実現されない限り、日中友好もまた実現される事が無い。と、
そのような結論があって然るべきだと思われます。
と言うわけで
対中国を想定する場合には、これが基本中の基本だと思いますね^^;
この点を理解せずに。前提とせずに中国を論じたとしても全てが無意味で無価値でしょう。


それで、今しがた書いた事を前提として今回の一件。
入管法改正案をはじめとした日本の移民政策。外国人労働者受け入れについて考えた場合。
そんな中国。習近平が何を考えるのかは一目瞭然であるはずです。
すなわち大量の中国人を日本国内に流入させ、中国の傀儡政権を樹立させる事です。

日本は民主主義国家ですから、正当に民主的な選挙と言う手続きをすれば。
どんな政権でも樹立させる事が可能です。・・・それは先の民主党政権が証明しています。
どれほど劣悪で。どれほど愚かな政権でも樹立させる事は可能なんです。
よって。
中国が日本の民主主義と移民政策を悪用しようと画策する事は。
それにより中国の傀儡政権を樹立させようとする事は必然的な事だと言えます。

そして、これは私達日本人にとって断じて見逃す事が出来ない事はもちろん。
日米同盟の観点ではアメリカを含めた全ての欧米諸国。
第三次世界大戦の勃発と言う点であれば、全ての国家にとって見逃す事の出来ない大問題です。

・・・そうです。
中国としては、この点を考慮しなければならなかったんです。うん^^;



うん。ここからが本日の本題となるんですけどね^^;

今の中国と言うか習近平がそうなんですが、極めて安全保障に対する認識が甘いんです。
いや、甘いどころの話じゃありません。
そもそも安全保障を満足に理解していない。と表現しても間違いではないでしょう^^;
この点については安全保障を司る人間として、明確に断言する次第で御座います。
中国。習近平は安全保障を何一つとして理解していません。
なので。
このブログで書き続けてきた事。日本どころか世界が滅びる。と書いてきた事について。
誰よりも一番ビックリしているのは黒幕の中国であり、習近平自身だと言う事です^^;


いやまあ、何が言いたいのか?と言いますとね^^;
中国。習近平と言うのは、あくまでも日本を支配する事だけを考えていたんです。
決してアメリカを敵に回す事も。世界を敵に回す事も。まして世界を滅ぼす事も考えていない。
今の中国。習近平と言うのは、そこまでの事を見通していないんです^^;

なるほど。確かに中国は明確な意思を持って、日米同盟の破壊を画策しているわけですけれど。
でも、それは日本を支配して、搾取する事だけを目的としたものであって。
日米同盟の破壊によりアジア秩序。ひいては世界秩序が崩壊してしまう事。
さらには第三次世界大戦を勃発させる事までは・・・まったく想定していないんです。

これには理由があります。
今回の法案が使い物にならないくらいに劣悪で、穴だらけの不良品だからです^^;


んー。ちょっと踏み込んだ話になって申し訳ないんですけどね。
仮に中国。習近平が安全保障を考慮しつつ対日戦略。
今回のような移民政策。外国人労働者の受け入れに関して画策していたのならば。
法律それ自体の内容は、もっとキッチリキッカリ作っているはずです。
なぜかと言うと、そうしないと安全保障上の問題が発生して確実に自爆するからです^^;


これまた中国については基本的な事なんですけどね。
中国の一番の弱点。泣き所は何か?・・・と考えるのならば。
まず最初に真っ先に出てくるのが、中国それ自体が脆弱である。と言う事です。

うん。まあ、これは皆々様もお察し頂けている事だと思いますけどね^^;
中国。習近平と言うのは独裁国家。独裁者として考えると非常に脆弱です。
それこそ毛沢東などとは比較にならないくらいに弱いんです。うん^^;
だから、マトモに戦えないのであり。
当然ながら、アジア最強の安全保障である日米同盟と戦う事なども出来ません。
つまるところ。
中国。習近平と言うのは正攻法の手段を何一つ選ぶ事が出来ないんです。
自分達があまりにも弱過ぎるのと同時に、敵である日米同盟が強過ぎるからです。

だから、中国。習近平は必ず搦め手を使う。卑怯な手段を使う。
・・・卑怯な手段しか使えないからです。


それで、そうなると、です。
この点を考えていけば中国の安全保障戦略を丸裸に出来るんです^^;
すなわち中国の安全保障戦略とは、戦わずして勝つ。と言う事にあるわけであり。
これは裏を返せば、戦ったら必ず負ける。と言う事実がある・・・わけですね^^;

と言うわけで、本当ならばね。
この点を考慮しつつ中国。習近平と言うのは動かなければならないんですけど。
残念と言うか。私達日本にとっては物凄く好都合な事に^^;
今の中国。習近平は安全保障を何一つとして理解していないんです。

本当なら戦わない事。負けない事を想定した上で行動しなければならないのに。
まったく想定していない。
それゆえに、これほどまでに今回の法案。入管法改正案が粗雑だったのです。

「ゴリ押しだろうと法案を通してしまえばこっちのものだ」

・・・とまあ、そんな感じで甘過ぎる見通しによる産物が今回の法案なのであり。
そのために安全保障。日米同盟に関わるような重大な問題に発展する事。
まさに中国。習近平にとっては死活問題となる事を何も考えていなかったんです。


当たり前の話として移民。外国人の受け入れに関する法案が粗雑であればあるほど。
内容が劣悪であればあるほどに安全保障。日米同盟に悪影響が発生する事が極めて高くなる。
当然ながらアメリカ政府。トランプ大統領が見逃す事も出来なくなる。
今回の問題でアメリカとの対立は今以上に激化する・・・わけですね^^;

いえ、それどころか。
日米同盟の破壊をキッカケに第三次世界大戦の可能性まで出てくるとなれば。
これはもう世界中の国家が中国。習近平を危険視したとしても不思議ではありません。
日米両国どころか。世界中の全てを敵に回す愚行となってしまったわけです。


・・・迂闊でしたねぇ。中国の方々。
どれだけ手間がかかったのだとしても。安全保障。日米同盟に悪影響を出さない。と、
そのような建前を崩すべきではなかったんです。断じて急ぐべきではなかった。
もっと慎重に進めるべきだったんです。

無理にゴリ押しを続けて、こんな劣悪な法案を通そうとするから。
だから、アメリカを呼び寄せる事になるし。
日米同盟の破壊。世界平和の破壊について考慮しないから世界中を敵に回す事にもなる。
日本どころか。世界規模の大問題にしてしまったんです。

今回の一件で文句なく日本国内の親中派。中国にとって子飼いの反日勢力は全滅です。
先のモリカケ問題で使い潰していましたけど、今回の一件で本当のトドメです^^
中国。習近平にとって最後の虎の子はこれで終わり。
これにより中国。習近平が頼れる対外勢力は全ては消え去った・・・わけです。

うん。その意味では私どもと致しましても、実に手間が省けて助かった。
習近平がバカで本当に助かります。・・・と感謝するべきなのでしょうねぇ^^;



とまあ、そんなこんながありまして。
このように中国は今回の一件がアメリカを本気の本気で大激怒させる事はもちろん。
第三次世界大戦を引き起こそうとする世界の敵として。
世界中が敵に回る可能性についても、今の中国。習近平はまったくもって考えていないんです。
・・・それほどまでに恐るべき大問題である事を、まったく中国人は理解していないんです。
なぜか?
誰もがみんな自分の利益。目先の損得だけで動いているから、です^^;

だからこそ、あえて安倍総理は今回の法案を通そうとしているんです。
・・・うん。そのように解釈するのが妥当のような気がします。


それでまあ、話を日本に戻しますとね。
常識的に考えて絶対にありえないほど劣悪な法案を、あえて可決させる事によって。
中国が日本を侵略し、日米同盟を破壊し、さらには世界を滅ぼそうとしている。との事実。
その事実を世界中に知らしめる事。
アジアどころか。全世界において対中包囲網を構築する事。
それこそが安倍総理の狙いであるのではないか。と私は考えています。

重ねて申し上げます。
今回の入管法改正案と言うのは、通常であれば絶対に可決されない法案です。
そんな法案が可決されたら必ず注目を集めます。
それも日米同盟が破壊され、第三次世界大戦が勃発する可能性があるとなれば。
世界中の人間が注目する事でしょう。それこそ背景について完璧に調べ上げる事でしょう。
となれば、必ずバレる。
日本国内の親中派を利用し、中国が暗躍していた事実が世界中にバレます。
中国。習近平は世界を滅ぼそうとしている。と言う恐ろしく危機的な状況が周知の事実となる。
となれば。
必然的に中国は世界の敵と認定された挙句。完全に国際社会で孤立する事も避けられません。



・・・うん。あの安倍総理が自分の命を賭して仕掛けた超ド級の罠だとすれば。
この程度の事まで考えていたとしても、私は何も不思議には思いません。
端的に申し上げれば安倍総理は本気で中国共産党。習近平を滅ぼすつもりだと言う事です。

前回までにも書いていますように。
日本の財界。経団連と言うのは、もう安倍総理に逆らうなどと言う事が出来ません。
いや、逆らうどころか。命乞いをするために、これ以上ないくらい忠実に動くはずです^^;
その反面。中国に対しては手のひらを反して拒絶の姿勢を見せる事でしょう。

さらに言えば。
そんな財界と少しでも関係を持っていた自民党議員もまた命乞いをする事になります。
当然ですね。自覚していたのか。無自覚だったのか。
どちらであったとしても日米同盟の破壊に加担していたのは事実なのですから。
つまるところ。
今回の一件だけで安倍総理は政財界を問答無用で一致団結させる状況を作り上げたのであり。
それは言うなれば、対中国を想定した全面的な総力戦を可能にしている。とも言えるわけです。

んー。来年4月までに今回の法案。入管法改正案が施行されると言うのならば。
それまでに中国を降伏させるつもり・・・なのかもしれません。
うん。安倍総理だったら、ここまでの事を考えているのかもしれません。



とまあ、私が考えられるのは、こんな感じで御座います^^;
一応。そこそこ筋の通る話になるように頑張ってみたのわけなんですが・・・。
どうだったでしょうか?^^;

んー。もしかしたら、さらに物凄い事を安倍総理は考えている。
私みたいなチンピラ風情が予想出来ないほど大きな事を考えている。と言う事もね。
そんな事も十分にあり得ると思います。
なので、私如きの話では物足りなかったら・・・ごめんなさいね。いやはや^^;


それでは本日もまた失礼致しました。皆々様。おやすみなさいませ^^

拍手[5回]

11 . November
さてさて。そんなこんなで先の外国人労働者の受け入れに関する法律。
入管法改正案と言うのは、実は安倍総理が仕掛けた罠なんじゃなかろうか?
そして、そうだとすれば日本の財界。経団連などは、まんまと引っ掛かったんじゃなかろうか?
・・・と言うような話で御座いました。

うん。まあ、普通に考えましてもね^^;
あのような不完全で。悪ふざけのような法律が許されるわけが無いのです。
しかも日本だけじゃなくて、世界が滅びるかもしれない。と言う超ド級のリスクがあるわけで。
あんなものを本気で支持する。賛成する。と言う人は、失礼ですが頭がおかしいと思います。

でまあ、それでも納得する理由。可能性を考えるのならば・・・。
もう安倍総理の罠だ。それも命を賭した罠だ。としか考えられないんですよねぇ。うん。
そこまで考えないと今回の法案が可決される理由を考えるのは、ちょっと難しいでしょう。




それでまあ、本日の話題は・・・改めて今回の問題を振り返りますと、ですねぇ^^;

日本の財界。経団連の方々。率直の申し上げます。
貴方達は、この日本を含めた世界の全てを滅ぼすつもりなのですか?
安全保障上の問題が発生する。日米同盟が機能不全に陥る。とはそういう事であるからです。

これは何度も書いている話ですけれど。
国家戦略の最上位に位置しているのは安全保障戦略なのであって。
そのために安全保障戦略は全て国家戦略。どんな経済戦略や軍事戦略よりも優先されます。
・・・どれだけお金があっても、どれだけ強い軍隊があっても国が滅んだら無意味だからです。

そして、今回は日本どころかヘタをすれば世界の全てが滅びるほどの最大級の問題です。
重ねて申し上げます。
貴方達は世界を滅ぼすつもりですか?

うん。日本の財界。経団連の方々は、そのような目で今現在に世界中から見られている事。
そのような恐ろしく危機的な状況にある。と言う事実を受け止められるべきです。
率直に申し上げれば、少しでもミスをしたら問答無用で殺される。と考えるべきです。
それほどまでに危うい状況にあるんです。
この状況で助かる方法があるとすれば・・・安倍総理に大人しく従う事だけでしょう。


とまあ、コレだけでは納得出来ないでしょうから改めて一つ一つ見ていきますとね^^;

そもそも今回の入管法改正案は、外国人労働者の受け入れと言う極めて重大な。
まさに日本社会を根底から覆すほどの重大な法案です。
そんな重大な法案を臨時国会のわずかな期間でゴリ押しにゴリ押しを続けた挙句。
来年の4月にも施行されてしまう。と言う弾丸並みの急激なスピードで展開されるわけです。

しかも内容的にも不備が多く厳密な上限が定義されていない点はもちろん。
社会保障体制については完全に手遅れです。
青山繁晴さんの話では、どんなに頑張っても1年半の時間は必要だそうです。
つまり、来年4月では絶対に間に合わず。よって混乱は避けられません。
・・・うん。当たり前ですね^^;
受け入れ準備が出来ていないのに、受け入れようとしているんだから混乱するのは当然です。


さらに一番問題なのが、このブログでも言い続けているように安全保障です。
肝心の安全保障に関する対策が何一つ出来ていない。
この点については、どこの誰であろうと一切言い訳が出来ない致命的な問題点です。
念のために説明しますと中国の対日戦略は植民地として日本を支配し、
全ての日本国民から徹底的に搾取する事にあります。
具体的に言えばチベットやウィグル。内モンゴルと同じ事を実行しようとしているわけです。
それはつまり、日本国民1億2千万人が一人残らず地獄に叩き落される事を意味します。

中国は日本の民主主義を悪用し。中国人を日本に流入させる事により。
自分達にとって都合の良い。忠実に従う傀儡政権を樹立させようと目論んでいます。
これは公然の秘密であり周知の事実であるはずです。
日本の政治に少しでも関わる人間であれば、どこの誰であろうと理解するべき大問題です。
よって。
この点を解消しない限り。中国の邪悪な思惑を排除しない限りは。
何があろうと外国人労働者。積極的な移民政策など絶対に許されない事です。


でまあ、それで・・・これだけでも十分に大問題なんですけど。
実際に発生する被害と言うのは、今しがた書いた内容を遥かに上回る。と私は予想しています。
すなわち日米同盟が破壊される事のリスクです。

現在の日米同盟は、まさしく世界平和の一翼を担う極めて重要な安全保障体制であり。
これが消滅する事は根本的な部分からパワーバランスが崩壊するに等しく。
現在の世界秩序を破綻させるのに、十分過ぎるほどの凄まじい衝撃を全世界に与えます。
・・・冗談でも何でもなくて第三次世界大戦が勃発する。と私は考えています。

よって。
今回の法案を支持し、賛成しようとしている方々と言うのは。
日本どころか世界を滅ぼそうとしている極悪人である。と言う以外にはありません。
うん。そうですね。
額面通りに今回の法案が成立したら、本当の本当に世界は滅びると私は思います。


それで、このような想像しうる最悪のリスクを抱えている法律なわけです。
当然ながら単なる人手不足。労働力不足で賛成しました。・・・とか。
そのような愚かで陳腐な理由。主義主張では言い訳にすらならないんです。うん^^;
重ねて申し上げます。
労働力不足などと言う経済的な理由だけでは、あまりにも問題が大き過ぎて理由になりません。

それゆえに、です。

より重大な理由が隠されている。と誰もが考えるのは当然の事であり。
その重大な理由とは、中国の手先となって日本を中国に売り飛ばそうとしている。
日米同盟を破壊し、日本の安全保障体制を破綻させようとしている。
さらに言えば、世界平和の全てを犠牲にしてでも自分の利益を追求させようとしている。と、
そのように判断されてしまったとしても・・・文句は言えないわけです。


よろしいですか?
今回の問題と言うのは既に経済の問題じゃないんです。そんなレベルの問題じゃない。
もう明らかに安全保障の問題に変わったのであって。
題それ自体のレベルがケタ違いなほどに跳ね上がってしまったんです。
それと共に政治情勢も臨界点に達するほど物凄い緊張状態になってしまったわけです^^;

今の日本の財界。経団連は世界を滅ぼそうとする極悪人か否か。
それが問われる最悪の状況であり、文字通りギリギリの崖っぷちの状態です。
何か一つでも失敗すれば問答無用で地獄に直行するのは、まず間違いないでしょう。
・・・断頭台。ギロチン台の上にいる。と考えるべきだと思います。
だから、本当にね。
こんな状況下で中途半端な言い訳をしようものなら・・・本当に殺されると思います。

うん。日本の滅亡どころか世界の滅亡と言う可能性まであるんですからね。
命にかかわる問題だ。と言う事を理解するべきだ。と最大限に強く警告申し上げます。



あの・・・これは言うまでもない事ですけどね^^;
どこの誰が何をしたのか。どんな無分別な言動をしたのか。
どんな理不尽な圧力をかけたのか。どこの誰に、どれだけの金を流したのか。
また、どれだけ中国と関係性があり中国政府。中国共産党。習近平の命令で動いていたのか。

それらの全てが最初から把握されている。と言う事を理解した方が良いと思います。
繰り返しますが、これは安倍総理が命を賭して仕掛けた超ド級の罠であると共に。
これは日米同盟に関する事でもあります。
日本政府とアメリカ政府。安倍総理とトランプ大統領は当然のように情報が共有されています。
ですから、中途半端なウソとか誤魔化しは何一つ通用しない。と考えるのが妥当です。


最後に。もう一度だけ確認しますけどね。

この法律それ自体は確実に可決されます。ですから、無かった事にも出来ない。
また、法律の内容は劣悪で、その中にあるリスクは最悪です。よって言い訳も出来ない。
そして、何よりも安全保障。それも日米同盟に関する事です。
だから、何があろうとも絶対に見逃してもらえない。
それこそ世界の果てまで追いかけられて、一人残らず地獄に叩き落されます。

そんなわけで。
今の日本の財界。経団連の方々が助かるためには全面降伏以外の選択肢はありません。
一刻も早く安倍総理に詫びを入れて、全力で媚を売って、必死で命乞いをする以外には・・・。
それ以外には本当に生き残る手段は無いだろうなぁ。と私は思います。いやはや。


それでは本日はこれで失礼させて頂きます。皆々様。おやすみなさいませ^^

拍手[6回]

05 . November
さてさて。前回は入管法改正案。つまりは外国人労働者に関する法案について。
想像しうる最悪のリスクがあるにもかかわらず、なおも安倍政権は決断した。
必然的に安倍総理は何らかの物凄い思惑を秘めた上で決断した。と言う事になる。
しかし、それを論じる私は学も才も無いチンピラ風情であって、わかるはずもない。
ならば。
ここは一つ安倍総理を支持する日本国民として、安倍総理の決断を信じる事こそ私の責任だ。

・・・と言うような感じの話でしたね。ナハハハ^^;


でもまあ、ホントにね^^;
今回の外国人労働者の受け入れと言うのは凄まじいリスク。
それこそ第三次世界大戦が勃発して世界が滅びるかもしれない。とのリスクがあるわけで。
それを承知の上で。覚悟のうえで決断したとなれば、よっぽどの何かがあるんでしょう。
まさしく国家最重要機密であり、秘中の秘と言う奴になるわけです^^;

えーと。一つ基本的な事を書いておきますとね。
そもそもの話として安全保障と言うのは全部が全部。国家機密だったりするんです。
・・・いや、それを遠慮なくペラペラと喋っている私が言うのもアレなんですけれどね^^;
でも、実際問題として、安全保障全般と言うのは基本的に機密なんです。

と言うのも、このブログで何度も書いておりますようにね。
基本として安全保障戦略と言うのは、国家戦略の最上位にあるものなわけでして・・・。
ですので、原則的に言えば安全保障を正確に把握出来れば、その他一切の国家戦略について。
その国家が何を考えて次にどう動くのか。この先の状況がどうなるのか。
それらの全ての情報が丸わかりになる・・・わけなんです。うん^^;

まっ。もちろん現実には様々な要因が絡み合うので、そう単純な話じゃありません^^;
ですが、政治におけるイロハのイである事は間違いなかったりするので。
政治を論じようとするマトモな人間と言うのは、大体これを中心として考えるんです。


ちなみに。
なぜにチンピラ風情の私が知った風な事を言うのか?と言いますと、単なる経験則です^^;
先の民主党政権で七転八倒。右も左もわからず無様に転がり回っていた果てに。
辿り着いた場所が、たまたま安全保障だった。と言う話であって。
それを今に至るまで延々と。ずーっとやり続けている。と言うだけで御座います^^;

それで私って高卒で大学に行けなかった人間なんです。落ちこぼれです。
しかも勉強をやらずにテストの点が悪かった・・・と言うタイプの人間じゃなくて。
一生懸命に勉強してもテストの点が悪い。と言う割とマジなタイプのバカです^^;
・・・どんなに頑張っても良い点数が取れなかったんですよねぇ。

でまあ、普通ならさ。
そんな人間が政治なんて論じる資格は無いはずなんです。バカだからです^^;
私個人としても先の民主党政権のような。本当に日本が滅びるかもしれない。と言うような。
そんな絶体絶命の状況にならければ、絶対に政治なんて近づきもしなかったです。
・・・せいぜいが選挙で投票に行くくらいです^^;
それでも、なんだかよくわからないけど、そんなに間違っていないんじゃないか。
たぶん正解なんじゃないか。と思いながら走ってきて・・・今に至るわけです^^;


でね。

そんな程度のチンピラ風情のバカが、一国の総理大臣たる人物の思惑がわからない。
それは、まったくもって当たり前の話です^^;
考えてみれば、私は一体何を悩んでいたんでしょうね?^^;
安倍総理の考えがわからないなんて、至極当然の話だと言うのに。
そんな当たり前の事も忘れて、ああ。どうしよう。わからない。わからないっ!
・・・などと騒いでいた自分は凄まじいまでのバカっぷりを見せていたようで御座います。

そんなわけで、です。
皆々様。大変に申し訳ありませんでした。
私は分不相応な事。身の程知らずの事をしようとしておりました。
どうかお許し下さいませ^^;


・・・うん。そうですね。
自分にはわからない。と言う事実を冷静に受け止める事こそ一番必要だったんです。
こんな簡単な事も忘れて大騒ぎをするなど・・・なんて私はバカだったんでしょうね。
いやいや、習近平に負けず劣らず私もバカだったようで御座います^^;

とまあ、そんなわけで。
心機一転。気を取り直して、今ここで私が出来る事をすると致しましょう^^
安倍総理が何を考えているのか。それは私にもわかりません。
ですが、予想を立てる程度ならば私にだって出来るし。
出来る範囲で出来る事をやろうとしてきたのが、まあ、私だったりしますからねぇ^^;
本日は、そんな感じの話題で御座います。それでは参りましょう^^


まず最初に確認です。
前回にも書きましたように、消費税増税を含めた緊縮増税路線。
あるいは中国人の大量流入が想定される外国人労働者の受け入れ。移民政策の推進。
この二つと言うのは、極めて偏った親中政策である事は間違いありません。
それゆえに。
これらの政策の推進に対する圧力。その背後にいる勢力が親中的な勢力。
それも中国によって支援を受けた親中派。または反日勢力である事もまた確実です。

そして、それらの目的が日本の植民地化。中国の支配下に組み込み徹底的な搾取を行う事。
自分達の利益のために日本国家と日本国民を犠牲にする事にあります。
より具体的に言えばチベットやウィグル。内モンゴルと同じ状況が日本に出現する。と、
そのように考えて頂いてよろしいかと思います。
補足すれば、これらの地域では非人道的な事が行われているとして。
アメリカ政府。ドナルド・トランプ大統領により厳しく糾弾されているのが現状です。

ですので、これらの政策を支持し、推進しようとしている方々と言うのは。
日本国家と日本国民を地獄に叩き落そうとする方々であり。
一人の例外もなく国賊。売国奴のド外道。ド畜生のド悪党・・・となるわけです^^;
ええ。もう本当にね。
目先の損得。金に目がくらんで人間として大切なものを失った方々。
人間としての心を投げ捨てたゲス野郎である。・・・と思います。うん^^;



でまあ、そのように今でも私は考えているんですけど^^;
それでもなお安倍総理。安倍政権。自民党は決断したんです。。
普通であれば絶対に決断しない事を、それでもあえて決断したわけです。
つまるところ。
よっぽどの重大な事情。何らかの極めて特別な目的がある・・・わけです^^;

さて。ここで本日の本題となるわけなんですけどね。
そんな安倍総理の思惑。目的について私の予想と致しましては、おそらく・・・。
日本の財界。経済界。経団連の掌握であるだろうと思われます。


改めての確認ですが、前回に書いた不安要素。懸念事項と言うのはマジな話です。
冗談でも何でもなくて、最悪のリスクが存在するのが今回の法案です。
普通だったら絶対に成立しないし、そもそも議論の対象にすらならないはずです^^;

それなのに、です。
こんなリスクの塊。それこそ核爆弾みたいな法案を、それでも通すとなれば・・・。
これも前回に書きましたが、安倍総理一人で終わる話じゃありません。
安倍総理。安倍政権が吹き飛ぶどころか。自民党丸ごと全部が吹き飛びます。
ええ。そうですとも。
この法案については日米同盟に悪影響が出るかもしれない・・・と言うか。
もう間違いなく悪影響が出て、機能不全となる可能性がある法案です^^;

そんな法案を出して、委員会で議論して、閣議決定をしてしまったんです。
事ここに及んで間違いでした。すみませんでした。として引っ込める事など絶対に出来ない。
・・・わかりますね?自民党の方々。また日本の財界。経済界の方々。
特に。この法案のためにゴリ押し。強力な圧力をかけて、なおかつ盛大に金をバラ撒いた方々。
もう後戻り出来ないって事なんですからね?^^;


普通だったら絶対に通るはずの無い法案。普通だったら全力で阻止するべき法案。
そんな法案が閣議決定された。党議拘束がかけられた。
何があろうと不退転にして不動の決意で安倍総理が国会で通そうとしている。
・・・おかしいと思いませんか?不思議に思いませんか?
普通に考えたら絶対にありえない事が起こっている。明らかな不自然。違和感を感じませんか?
ああ。わかりませんか?
簡単です。物凄く簡単な話です。貴方達は安倍総理にハメられたんです。うん^^;

もう今となっては誰もがみんな一蓮托生です。
安倍総理の目的を達成するか。それとも安倍総理と一緒に心中するか。
まさしく伸るか反るか。成功させるか。それとも死ぬか。どっちかしかない状況です。

一応確認しておきますけど、ここで手を引く。私は関係ない。・・・とか。
そんな事を今更ながらに一言でも口走った人と言うのは。
本気の本気でアメリカ政府。トランプ大統領から直に制裁されますからね?
当たり前でしょう?
日米同盟に悪影響を及ぼすような事。すなわちアメリカの敵になるような事をしたんですから。


よろしいですか?
今現時点においてアメリカ政府。トランプ大統領が静観しているのは。
ひとえに安倍総理に重大な決意がある。と思えばこそ。
何らかの重大な理由。重大な目的があると思えばこそ様子を見ている。と言うだけの状況です。
決して自分の利益のためだけではなく日米同盟のため。世界の平和のために行動している。と、
そう思えばこそアメリカ政府。トランプ大統領は動かないんです。

・・・そうだと言うのに、こんな状況で一歩でも逃げ出して御覧なさいな^^;
自分の我欲のために。目先の損得のために今回の法案を通そうとしていた。
日米同盟を破壊しようとしていた。まさしくアメリカの敵。世界の敵である。・・・と、
そんな風に大声で叫んでアメリカに教えているようなものです^^;
たかが自分の利益のためだけに日米同盟を破壊し、世界平和を破壊しようとするような輩を。
トランプさんは許しません。・・・うん。アレでなかなか正義感の強い人ですからね^^


そんなわけで、今回の法案を推進しようとした全ての方々。
貴方達が生き残るためには。
もう安倍総理の味方である事。安倍総理の目的を支持し、決して我欲では無い事。
自分の利益のためだけに動いているわけではない事。
決してアメリカの敵ではないし、世界の平和を破壊しようとしているわけではない事。
それを示す以外には・・・もう生き残る道が他に無いんです。

まあ、もちろん安倍政権の方々は全てを承知で安倍総理の決断を支持しているんでしょうけど。
でも、それ以外の方々につきましては・・・必死で媚を売るしか無いでしょうねぇ^^;
一刻も早く官邸。安倍総理のところに行って自分を売り込む以外にはありません。
もう何でもします。何でもやるんで、何でも言って下さい。と言うしかないと思います。
だって。
あまりにも今回の法案が酷過ぎて、どこの誰に対しても言い訳出来ないからです^^;


繰り返します。
今回の入管法改正案と言うのは、普通に見れば確実に日米同盟に悪影響を与えます。
日米同盟に悪影響を与える。と言う事は、そのままアメリカの敵になると言う事です。
うん。そうですね。
そのような観点からアメリカ政府。トランプ大統領は日本の財界を見ているでしょう。
・・・念のためにアメリカの意見を代弁しておきますとね^^;

「お前達は外国人労働者として中国人を大量に流入させ、
親中勢力の拡大と親米勢力の衰退を画策しているのではないか?
日本国内を混乱させ日米関係。日米同盟を破壊しようとしているのではないか?
日本の経済界はアメリカを裏切ろうとしているのではないか?アメリカの敵になるのか?」

・・・と言うような事を割と本気でアメリカ政府。トランプ大統領は考えています。
事実。
この指摘については心当たりがある財界人が、相当に多いのではありませんか?
特に経団連の方々。特に人材派遣会社の方々。特に自民党に金をバラ撒いた方々
貴方達は日米同盟の破壊を画策した第一級の犯罪者だ。と割と本気でアメリカは考えています。


・・・そろそろ自分達が、どれだけヤバイ状況のか。理解出来てきましたか?^^;
このブログでも私はアメリカの敵になるぞ。と警告しましたでしょう?
アレって何かの冗談だとでも思いましたか?
本当なんですよ?本当の本当にアメリカの敵になるんですよ?
そして、アメリカは敵となった存在に対して一切容赦なしない。
特に今のアメリカ政府。ドナルド・トランプ大統領は本気で叩き潰しにかかります。
今の中国。習近平をよくよく見ている事です。・・・明日の貴方達かもしれませんよ?


と言うわけで日本の財界。経済界。経団連。人材派遣会社。親中派の方々。
決断の時です。
よくよく冷静に考えて、なおかつ迅速に行動しないと・・・死ぬと思います。
このまま何もせず。逃げ出すような素振りを見せたらアメリカは本気で潰しにかかるでしょう。
中国の手先。アメリカの敵だ。として、です。
本気のアメリカです。誰も守ってくれませんよ?中国。習近平は平気で捨て切り捨てます。
ええ。習近平は日本の親中派なんて捨て駒程度にしか考えていないでしょうからね。
なので、今の貴方達が生き残る方法は一つだけ。
安倍総理に協力して、安倍総理が考えている事を成功させるしかない。

その安倍総理が何を考えているのか?

それは私にもわかりません。わかりませんが、それが日米同盟を破壊するような事。
アメリカを敵に回すような事では無いのは確かです。
今回の法案を通す事に対してアメリカ政府。トランプ大統領に言い訳が出来るのはコレだけ。
他には一切存在しません。
それくらいに今回の法案は酷い法案で、中国の手先としか考えられないからです。
・・・どうぞ後悔しないような決断と行動をされるべきだと思います。



うん。まあ、こんなところかな^^;

それにしても日本の財界。経団連の方々も調子に乗り過ぎていましたよねぇ・・・。
いくらなんでも今回の法案。あんなムチャクチャな法案で外国人労働者を受け入れろ。
・・・ってさ。
そんなの。普通に考えて無理に決まっているでしょうに^^;

普通に考えて無理な法案を、それでもゴリ押しした。これだけでも相当に大問題です。
にもかかわらず。
なぜか。それが通ってしまった。しかも安倍政権で通るわけがない法案が通ってしまった。
あー。いやまだ、閣議決定の段階ですが・・・大して違いは無いでしょう^^;

でも、本当にさ。おかしいと思わなかったんですか?
これはおかしい。こんなのは不自然だ。何かある。これはヤバイ・・・と、
そんな風に考えたりしませんでしたか?

自分達は強いんだ。安倍総理も逆らえないんだ。何でも出来る。何でも許される。
国家がどうした。国民がどうした。そんなもの何の意味も価値もない。
自分の利益を追求しない奴はバカだ。親中派が一番だ。金を持っている奴が一番だ。
国家も国民も全てを利用して、犠牲にしてでも金を稼ぐ事こそが正義だ。

・・・とかなんとか。そんな事を本気で考えていたんですか?
考えていたんでしょうねぇ。きっと^^;
だって。
そうじゃなかったら、こんな見え見えの罠に引っ掛かりたりしませんから。
全ての原因は貴方達の勘違い。限度を超えた傲慢さです。
偉そうにふんぞり返って上だけ見ているから、足元をすくわれるんです。

法人税を引き下げた。その上で消費税の増税に賛成する。
賃金を上げない。外国人労働者の受け入れを要求する。
日本経済と言う国家の一翼を担う立場。重責を担う立場でありながら。
国家全体。社会全体。国民全体の事なんて何にも考えない。
自分の事しか考えない。自分の利益しか考えない。数字だけしか見ない。
だから・・・こんな悲惨な状態になるんです。

安倍総理は何度も警告したでしょう?そして、それを何度も無視したんじゃありませんか?
だから、貴方達を地獄に引きずり込んだんです。
経済の舞台ではなくて安全保障の舞台に。安全保障と言う名の地獄に、です。

何が違うのか?目的が違うんです。
安全保障の舞台では必ずしも数字が全てじゃない。それ以上のものが要求されるんです。
さらに言えばこの場では経済人よりも強力が人間がいる。
それが政治家です。
政治家の本当の恐ろしさ。国家権力の本当の恐ろしさが、ここにはある。

ハッキリ言ってしまえば、経団連の方々は政治家をなめ過ぎたんです。
安倍晋三と言う政治家を甘く見過ぎたんです。
貴方達が。金に腐り肥えた豚風情が、どうこう出来るようなレベルの政治家じゃないんですよ?
うん。そうですねぇ。
民意に選ばれた政治家と言うのを、いささかバカにし過ぎたと思いますねぇ。


んー。まあ、そりゃあね。
資本主義における自由主義経済なわけですから、自由な経済活動が約束されていますけど。
でも、だからって・・・何をやっても許されるわけじゃないんですよ?
基本的にやらない事ですし、やってはならない事ですけれど。
それでも政治家がその気になれば、一から十まで経済界をひっくり返す事も出来るんですよ?
そんな当たり前の事も忘れていましたか?それとも最初から知りませんでしたか?


外国人労働者を受け入れる。しかも大量に受け入れる事の危険性について。
それは誰もが何度も警告していたし、経団連も十分に理解していたはずの事ですよね?
それでもゴリ押ししたのは、それらの問題が起こって自分には関係ない事だ。と、
どれだけ日本国家が混乱して、日本国民が犠牲になったとしても関係ない。と
そう思っていたからですよねぇ?

そう思うのがダメだとは私は言いません。どうぞ自由な思想や価値観を持てば良い。
ただし、財界。日本経済をを取りまとめるような重責のある人物が。
極めて高い社会性や公共性が求められる立場の人が、そんな風に考えたらダメでしょう?
子供じゃないんだから、ちゃんと全体の事を。みんなの事を考えないとダメでしょう?
・・・うん。こんな低レベルな事を叱責されるような事を何度も続けてきたから。
安倍総理は最後の手段を使ったのでしょう。きっとね。
つまりは、金勘定しか頭に無いバカどもを地獄の淵にまで引きずり込んだんです。


確認しておきます。
たぶん安倍総理と言うのは・・・失敗したら死ぬつもりだと思います。
今回の法案に関する事で何かを失敗しようものならば。
凄まじい大混乱が発生する事は間違いありませんからね。
それを覚悟した上で、命がけで決断して行動しているのだろうなぁ。と私は思います。

と言うわけで、財界の方々。経団連の方々。
もしも今の安倍総理を止めるのなら、同じように命を懸けて止めるしかありませんよ?
あるいは。
死にたくない。と言うなら黙って大人しく安倍総理の後に続くしかないですよ?
どっちも選ばないようだと・・・アメリカに殺されると思いますよ?
何にしても。
生きるか死ぬかの状況である。と言う事だけは理解なされた方が良いと思います。


・・・文句を言わないで下さいませね?
あんな非常識なまでに。ムチャクチャな法案を通そうとゴリ押ししたのは。
日本国家。日本国民の事など何も考えずに、自分の利益しか考えていなかったからであり。
そんな愚かな事をするから今のような状況。生きるか死ぬかの状況になったんですからね?
言わば自業自得。文句を言うとしたら、自分自身に文句を言いなさい。

少しでも常識的に。少しでも国家や国民の事を考えていれば。
こんな法案はさすがにダメだろう。と考えて行動していれば・・・。
そうすれば、ここまで苦しい状況にならなかったのですから。そうでしょう?


とまあ、今回はここまでにしておきましょうか。いやはや^^;

それでは本日もまた失礼致しました。皆々様。おやすみなさいませ^^

拍手[5回]

02 . November
うーん。決めてしまったのかぁ・・・。。
どうか何を言わずに、これをご覧下さいませ。
https://www.sankei.com/politics/news/181102/plt1811020038-n1.html

こちらは産経さんの記事で入国管理法改正案。
外国人労働者の拡充を目的とした法案が、閣議決定されてしまったそうです。


うん・・・いやまあ、ある意味で既定路線でもあったので仕方ないと言えば仕方ありませんが。
でも、そうだとしてもね。
何度考えても、これだけは容認する事は・・・私には出来なかった。

ああ。なぜ自民党。安倍総理は、ここまで強引に事を進めようとするのか。
どこをどう考えても利益よりも損失の方が遥かに大きいだろうに・・・。


自民党の方々。安倍政権の方々。
どうか勘違いしないで下さいませ。私は一時的な感情論で騒いでいるわけではありません。
もちろんキッカケは確かに先頃の青山繁晴さんの発言であった事は、そのとおりです。
ですが。
外国人労働者の受け入れ。移民政策の推進は、今に始まった事では無いはずです。
ええ。そうですとも。
そもそも安倍政権が樹立してから、これらの事は継続されてきた事なのですから。


私は最初の最初と言う段階から安倍政権が外国人の受け入れ。移民政策を推進する事には。
極めて懐疑的な立場だったんです。
そんな事をすればどうなってしまうのか。

あの・・・大変失礼ながら、私の個人的な話をさせて頂きます。
私の場合は、ドイツのメルケル首相が難民を受け入れる。と発表した段階から。
その頃から延々と批判し続け、警告し続けてきた人間の一人だったんです。
それほどまでに私は移民。難民の危険性に対して・・・心の底から恐れていた人間でした。
・・・正直に申し上げましょう。
私は移民政策が推進されていく事を見ながら、ガタガタブルブルと震え上がっておりました。
ヨーロッパ。ドイツと同じような事が日本でも行われる事は恐怖でした。
三十路を超えるような人間でありながら、見栄も外聞も投げ捨てて号泣したい気分でした。


でも、それでもね。

それでも私はずーっと見て見ぬフリをしてきたんです。
自民党。安倍政権。安倍総理には、それなりに考えがあっての事だ。・・・と、
長期的な展望を見据え、日本の国益を反映させるための高度に政治的な判断である。と、
一時的なもの。限定的なもの。テストケースとして実行しているのだろう。と、
そのように考えて、ずーっと我慢して黙っていたんです。
でも、さすがにもう限界です。


安倍政権の方々は、当然のようにご存知であるかとは思いますが。
今現時点において、日本にやってきた外国人労働者に関しては深刻な問題が発生してます。
この点についてはジャーナリストの有本香さんが以前から指摘なされていました。
有本さんの話を聞いて、ああ。やはりそうなったのか。と私は率直に頭を抱えました。
しかし、同時に期待もしていたのです。
想定された問題が発生した以上。外国人の受け入れは制限されるだろう。と、
今現時点の日本では大量の外国人を受け入れる体制は不十分である事が証明されている。と、
これを理由に外国人労働者を拡充しろ。と言う要求を拒否できる。と思っていたんです。

ところが、実際には正反対の結果になってしまった。
未だ問題が完全に解決されていないのに。受け入れ態勢が不完全であると言うのに。
なぜか受け入れが拡大される法案が可決しようとしている。
これは・・・一体どういう事なんですか?


実情を直視すれば、今以上に外国人労働者を受け入れる事は出来ないだろう事は明白です。
それなのに今以上に受け入れを拡大なんてしたら、問題の規模も拡大する事は自明の理です。
日本社会全体が不安定化し、政治に対する不信感が猛烈に高まる事は誰が見ても明らかなはず。
どう考えても安倍政権の支持率が低迷するどころか。
任期満了を待たずに安倍総理自身が失脚する事すらありえるでしょう。

いや・・・いやいや、それだけでは終わりません。
安倍政権どころか自民党それ自体が吹き飛んでしまったとしても、私は何も不思議に思わない。
憲法改正など夢のまた夢であるどころか。日本の政治を担う政治政党が消滅してしまいます。

念のために書いておきますが、この混乱は10年先。数年先にも確実に爆発するでしょう。
そして、その混乱は極めて深刻にして・・・流血沙汰は避けられません。



自民党の方々。安倍政権の方々。改めて現状について確認しておきましょう。
日本の現状として、テレビを中心とした日本のメディアが偏向報道を続けているんです。
これにより日本の対中。あるいは対韓感情は意図的に低く抑え込まれている状況にあります。

それが可能であるのは、大多数の日本国民にとって対岸の火事であるから。
自分の生活に直結しない場所で、日本に対する理不尽な反日行動が行われているからです。

尖閣諸島と言う遥か彼方の小さな島々での出来事。
同じく朝鮮半島やアメリカなどの外国での出来事。国連みたいな別世界での罵詈雑言。
そうであればこそ、日本国民の中国や韓国に対して嫌悪していたとしても。
その全てを我慢して飲み込んでいられる状態なんです。

しかし、これが目の前の出来事。自分の生活に直結する出来事となれば話は変わります。
今まで不当な形で抑え込まれ、マグマのように煮えたぎっていた怒りの炎が爆発する事は。
これは容易に想像出来るはずですし、一度爆発してしまえば・・・もはや全てが手遅れです。


果たして私が何を言いたいのか。どうかお察し下さいませ。

中国人や韓国人が日本にやってきて、日本の国籍を取得したとしても。
彼らは決して日本人などになろうとせず、日本国家。日本社会に対する責任も背負いません。
日本国民としての責任など絶対に自覚しません。
なぜならば。
現時点で中国人は中国に対して。韓国人は韓国に対しての責任を自覚していないからです。
自分の生まれ育った愛すべき祖国に対してすら責任を自覚しない輩が、
何をどうすれば他国の責任を自覚出来ると言うのですか?

彼らからすれば日本国家も日本国民も赤の他人。
ならば、そんな赤の他人に対して無分別かつ理不尽な批判をする事に躊躇わないはずですし。
事ここに及んで自分の国籍は日本だか、自分の心は祖国にある。などと騒ぎ出し。
日本国内を混乱させる程度の事は、平気で実行する事でしょう。

・・・ええ。こんな事は現時点で既に行われている事でもあるのですからね。
メディアが取り上げないので、存在しない事になっているだけです。

でも、これからは違う。
隠そうとしても隠しきれないレベルで、日本国内で物凄い反日が実行される事になる。
ならない。などと言う無責任な甘い考えは捨てるべきです。
そして、そんなムチャクチャな暴挙暴論を目の前で見せられた日本国民はどうなります?
いくら世界的に寛容にして優しい国民だとしても、怒りを爆発させるのは当然でしょう?


よろしいでしょうか?
ここで何も出来ず。何もしないまま唯々諾々と流されるだけであるのならば。
日本は先の民主党政権。戦後最悪のバカ政権の段階で滅んでいました。
でも、そうじゃなかったでしょう?
国難にあって。国家存亡の時にあっては、日本国民は立ち上がるんです。
それこそ私みたいなチンピラ風情ですら祖国のため。自分の家族を守るために戦う。
中国人や韓国人とは違うんです。

日本を混乱させようとする理不尽な反日など許さない。と断固として排除するはずであり。
その場合には・・・あらゆる手段。それこそ暴力まで用いられてしまうはずです。
そして、そうなってしまったら一体どこの誰が責任を取ってくれるんですか?



あの・・・なぜ日本人が民主党政権で戦ったのか。
なぜ私みたいなチンピラ風情までが戦っていたのか。
なぜ戦後最悪のバカ政権である民主党政権の民主党議員を、なぜ守る事になったのか。
自民党。安倍政権。安倍総理は忘れてしまったのですか?
そうした理由は、ひとえに日本国民の手を血で汚したくなかったから。
善男善女を犯罪者。殺人者にしたくなかったからではないんですか?

そのために私達は民主党政権から自公政権に戻す事を選んだんです。
政界再編などをして、民主党議員に対する責任追及など絶対に許さなかったんです。
そんな事をすれば怒り狂った日本国民の手によって、民主党議員が確実に殺されるからです。
それを防ぐため。そのためだけに、あんな民主党議員のようなバカ連中を守ったんです。

本音を言えば、一人残らず皆殺しにしてやりたい。と思うような連中を。
それでも必死で守らなければならかったんです。
・・・あんなバカどもを守らなければ、日本国民を守る事が出来なかったからです。
あの時の苦悩は自民党の方々と共有出来るものだ。と思っていたのは、私の勘違いでしたか?

でも、今回はダメですね。
今回の場合では、いくらなんでも数が多過ぎる。
今現在でも多過ぎるのに、これ以上の外国人。中国人や韓国人が増えるとなれば。
そんなものなど絶対に防ぎ切れるわけがない。
傷害事件。殺人事件は起こる。過激な排斥運動は起こるし、虐殺まで覚悟する必要がある。
想像を絶するほどに日本国内が混乱する事は、今の段階から丸わかりです。

もう本当に・・・止めようがない。

これらの全てを覚悟してまで、そこまでして外国人を受け入れなければならない理由。
日本国民を犠牲にしてまで中国人や韓国人のような。
危険極まる連中を受け入れる理由とは・・・一体何なんですか?



あー。いや、私もわかってはいる。わかってはいるんです^^;
その点に関する詳細な説明が出来ないほどに、重大な政治的理由。特別な事情があるんだ。と、
それは私もわかっているんです。うん^^;
わかっているんですけど・・・想定される未来が恐ろし過ぎて、どうしても納得出来ない。

消費税増税にしろ。外国人労働者の受け入れにしろ。
どちらの場合も凄まじく日本国民を犠牲にするものである事実は変わりません。
それによる日本国民の不平不満。政治に対する不信感と言うのは
冗談でも何でもなく安倍総理。安倍政権。さらには自民党が消し飛ぶには十分過ぎるものです。
それらの全てを覚悟してまで。そこまでしてやらなければならないもの。と言う事で、
それで本当に間違いはなかったですね?後悔はしませんね?


念のために書いておきますが、この二つはどちらも共に明らかな親中政策です。
中国のために実行している。としか思えないような凄まじく偏った政策でもある。
・・・アメリカ政府。トランプ大統領は不信感を持ちますよ?
ヘタをすれば日本は裏切ろうとしている。と思われても文句は言えません。
事実。
外国人労働者として大量の中国人が流入すれば、日本国内の勢力図は変わります。
つまりは、親米派と親中派の力関係は逆転します。
私達親米派は、もう親中派には対抗出来なくなります。
日米同盟が機能不全となる可能性が出現し、公然と在日米軍の撤退を求める声まで出てきます。
日本の安全保障体制が揺らぐどころか。アジア地域の秩序まで揺らぐ事になりかねない。
あるいは・・・世界の平和そのものが壊れてしまうかもしれない。

これらの全てを承知した上で。その上でなおも法案を通す。と言う事で。
それでもなお外国人労働者を拡充させる。と言う事で・・・間違いはありませんね?
本当に良いんですね?後悔はしませんね?

これで万が一にも失敗するような事になったら、日本どころか世界が滅びてしまいますよ?
その点について心配は無い。と断言出来るんですね?信じてもよろしいのですね?




うん・・・ここまで、ですね。
これ以上の事は私からは何も言えません。所詮はチンピラですからね^^;
何よりも所詮は釈迦に説法。私如きの意見など全て承知の上で決断された事でしょう。

だとすれば、です。
民意によって選ばれた自民党。安倍政権。安倍総理を信じる事こそ日本国民としての責任です。
ならば、日本国民の一人として私もまた責任を果たすべきでしょう。
私は安倍総理を信じる事に致します^^


・・・まあ、正直に言えばね。今でもなお泣きそうなほどに怖いですけどね^^;
大量に押し寄せる移民。外国人と言うものに、私は自分でも理解出来ないくらい恐れています。
それが中国人や韓国人ともなれば、特にそうです^^;
全てを投げ出して、部屋の隅でガタガタと震えていたい気分になります。

ですが、そんな程度の人間でしかない私如きの意見などよりも。
内閣総理大臣の決断の方が遥かに重要で、意味と価値があるのは当たり前で御座います^^

どうか日本国家と日本国民を。平和と未来を守って下さいますようお願い致します。


それでは本日はここまでにしておきましょう。皆々様。おやすみなさいませ^^

拍手[6回]

プロフィール
HN:
ササラド
性別:
非公開
P R

ルワンダ中央銀行総裁日記 (中公新書)

新品価格
¥1,037から
(2015/1/27 23:02時点)

昭和史 1926-1945 (平凡社ライブラリー)

新品価格
¥972から
(2015/1/27 23:12時点)

コレキヨの恋文

新品価格
¥1,728から
(2015/1/27 23:15時点)

Powered by NINJA BLOG  Designed by PLP
忍者ブログ / [PR]