政治 ブログランキングへ さらさらの部屋 韓国を守る事が出来るのは、韓国国民以外には誰もいません。 忍者ブログ
13 . August
さて。前回は近い将来に起こりうる未来の話。
第二次朝鮮戦争に関する話題だったわけですけれども・・・。

まっ。ホントを言いますとね。
私だって、あんな意地悪な事は書きたくは無かったんです^^;
でも、あそこまでしないとさ・・・韓国の方々が理解してくれないでしょう?
あの、ですねぇ。
これ以上の時間の浪費って、本当に対応し切れなくなる可能性があるんです。

はっきり言いますけれど。
私達日本とアメリカが、絶対に韓国を見捨てない。との断言は出来ません。
と言うのも。
現在の朝鮮半島情勢と言うのは、残念ながら非常に厳しい状況にあるからです。
私個人としても、予想していた以上に北朝鮮。金正恩が優秀である事と同時に。
想像を絶する以上に韓国。パク・クネ大統領がダメダメだった事もありまして。
「韓国経済が完全に破綻したとしても、韓国の安全保障だけは維持する」
・・・と言う最低限の目標を達成する事すら危うい状況になっています。

いや、これは・・・私にとっても非常に予想外でしてね^^;
韓国経済丸ごと全部を切り捨てて、安全保障だけに集中すれば。
なんとか韓国と言う国家だけは守る事が出来るだろう。
とまあ、ある意味で究極的に妥協した目標を組み立てていたんですが・・・。
そんな限界まで妥協したはずの目標ですら、達成出来るかどうか難しいわけです。
つまり、状況としては最悪に近い状況なんです。
ですので、その点を考えましても。
日米両国が「お手上げだ」として本気で韓国を切り捨てる可能性があるんです。

「なんやかんや言っても、最後は日本とアメリカが何とかしてくれる」

・・・みたいな事を考えている韓国国民の方々がいるようですけど。
これは洒落や冗談でも何でも無いんです。
現実的な可能性として、日米両国が韓国を見捨てる。と言う未来がありえるんです。


いや、ホントにね。
安全保障すら維持出来ないとなれば、在韓米軍は撤退する以外にはありません。
もちろん米韓同盟の消滅も避けられません。
そうなれば韓国は単独で北朝鮮と戦うどころか。
今の状態ではマトモな戦い一つ出来ずに、一方的に蹂躙されて韓国が滅亡します。

うん。改めて前回に書いた内容を確認しますよ?
韓国国内には北朝鮮の内通者が多数存在する。と言うのは。
これは韓国では「公然の秘密」になっている。と言う認識で間違いありませんね?
・・・前回は知らない場合は。と言う事も一応の建前で書きましたけど。
まさか本当に知らなかった。なんて言いませんよね?

赤の他人。日本人で、しかも私のようなチンピラですら予想出来ているんです。
だとすれば、韓国国民として韓国国内で生活している以上。
韓国社会の至るところに北朝鮮の影がチラついている事は、嫌でもわかるはずですし。
その北朝鮮に内通している理由が過剰なまでの貧富の差。貧困。不平等にある。
・・・と言う事についても、大多数の韓国国民は理解している事だと思います。

いやまあ、本当に知らなかったのだとしてもね。
知っていた。と答えた方が無難ではないかなぁ。と思います。
うん。以前に中国の話題でも書きましたけど。
「知らなかった。わからなかった」
・・・なんてバカな言い訳を言っても、自分達が惨めになるだけですからね?


それから、これも前回に書いた事ですけど。
「戦争の発生直後から韓国の権力者。政府中枢の人間が疑心暗鬼に陥る云々」
・・・みたいな事を書きましたでしょう?
これについては韓国国民であれば、大体お察し頂けるかと思いますけれども。
これは先の朝鮮戦争で発生した『保導連盟事件』を想定しての事です。

この事件を説明しますと当時の大統領だった李承晩。イ・スンマンの命令によって。
100万人以上の韓国国民が韓国軍。韓国警察により虐殺された事件になります。
言わずもがな。
国家元首の正式な命令を受けた正規軍が、守るべき自国民を100万人以上も虐殺するなど。
世界史に残る狂気の沙汰であり、信じられないほどに残虐な事件です。
それで・・・言い難い事ですけど。
私は、第二次朝鮮戦争においても同じ事が繰り返される事を危惧しています。


既に書いたように北朝鮮の内通者が膨大な数である事は容易に想像出来るので、
敵味方の区別が出来なくなったパク・クネ大統領が錯乱した挙句。
怪しい奴は片っ端から皆殺しにしろ。との命令が下される事を、
私は現実的な可能性として物凄く恐れています。

今のパク・クネ大統領と言うのは、お世辞にも優秀とは言えません。
危機的状況において適切な判断が下せるかどうか。極めて疑わしい人物です。
なので、実力的には当時のイ・スンマン初代大統領と良い勝負です。
さらに言えば、どっちも自分の責任に対して無自覚のくせに、プライドだけは一人前。
・・・と言う点で酷似している事実が、さらに不安を増大させて私も泣きそうですToT


まあ、今更パク・クネ大統領の実力不足を嘆いても仕方ありません。
政治の世界で無いものねだりは厳禁ですものね^^;
ともかく。
緊急事態の土壇場になってから錯乱して、パニック状態にならないように。
今からでも、ちゃんと適切に対応出来るよう準備しておきましょう。

「そんな事はありえない」

・・・などと言う甘えた考えは決して持たないようにして下さい。
これから先の韓国では、あらゆる事が現実的な可能性を持つのですから。
恐るべき脅威が目の前に迫ろうとも、断じてそれを屈してはなりません。
理想を目指し、正義を掲げ、勇気を示し、愛を語る事を忘れないで下さいませ。
古今東西。これを忘れてしまった人間は一人残らず破滅してきたのですから。



今の韓国の方々に、ぜひとも認識して頂きたい事は。
現実的な脅威として北朝鮮が存在しており、第二次朝鮮戦争は極めて現実的であって。
にもかかわらず日本とアメリカの両国は、現在の韓国に対して非常に懐疑的であり。
その日米両国が韓国を切り捨てる可能性が明確に存在している。と言う事です。

日本もアメリカも、韓国を切り捨てる時は恐ろしく非情になりますからね?
日本国内の左翼勢力とか。アメリカ国内の親韓派は、いざと言う時に頼りにならない。
・・・と考えておくのが妥当です。

それが、なぜなのか。わかりますでしょうか?・・・簡単です。とっても簡単です。
誰もがみんな。我が身が可愛いからです。
日本の左翼とか。在日韓国人とか。
あるいは、アメリカの親韓派。韓国人コミュニティと言うのは。
自分を犠牲にしてまで韓国を助ける。と言う事は絶対にしないからです。
ですから。
日本もアメリカも、韓国を切り捨てる時は血も涙もない決断をする事になります。
北朝鮮に支配された後の韓国国民が、どれほどまでに悲惨な目にあるのか。
その事の全てを承知した上で、それでもなお韓国を切り捨てるわけです。

まあ、何が言いたいのか?と言いますとね。
韓国を助ける事が出来るのって、結局は韓国国民だけだと言う事で御座います。


赤の他人。日本国民である私が忠告出来るのも、これが限界ですからね?
これ以上の事は出来ません。内政不干渉の原理原則がありますし。
何よりも日米両国は中国を最優先に対応しなければならないからです。
朝鮮半島の事は二の次。三の次とする事は確定事項であり、
この方針が変わる事は絶対にありません。
その理由は、第三次世界大戦。核戦争を阻止するためだからです。

混乱する中国を放置した場合。第三次世界大戦に直結してしまうかもしれない。
これを阻止するためにも、絶対に中国以外の場所に目を向ける事は出来ないんです。
大変申し訳ありませんけれども、仮に朝鮮半島がどれほど混乱したのだとしても。
現状の世界情勢においては・・・朝鮮半島以外には、さしたる影響は無いんです。
だから、朝鮮半島よりも中国なんです。この優先順位が変わる事は絶対にありません。



・・・最後にもう一度言いますね?
誰かを頼って助かろう。なんて甘い考えは捨てて下さい。
韓国の未来を守るのは他の誰でもない。韓国国民である。との覚悟を持って下さい。
誰からも独立して自立した国家を。未来を創っていくんだ。として努力して下さい。

今の韓国国民である貴方達が苦労するのは、貴方達の責任ではありません。
過去に生きた韓国国民の責任でもあります。
ですが、今の韓国を救う事が出来るのは、今を生きる貴方達にしか出来ないんです。

戦いなさい。
朝鮮半島の自由と平和。未来を生きる子供達のために戦いなさい。
これは大韓民国に生きる全ての韓国国民に与えられた天命なのですから。



・・・うん。こんな感じでしょうね。
ここまで書けば、このブログにおける韓国に対する仁義は通したかと思います。
これ以上の事は当事者の方々で何とかしてもらう以外にはありません。
ええ。韓国の未来を決めるのは、他の誰でもない韓国国民なのですから。


いやいや、随分と長文になってしまいましたね。ごめんなさい^^;

それでは本日はこれで失礼させて頂きます。皆々様。おやすみなさいませ^^

拍手[5回]

PR
NAME
TITLE
TEXT COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
ササラド
性別:
非公開
P R

ルワンダ中央銀行総裁日記 (中公新書)

新品価格
¥1,037から
(2015/1/27 23:02時点)

昭和史 1926-1945 (平凡社ライブラリー)

新品価格
¥972から
(2015/1/27 23:12時点)

コレキヨの恋文

新品価格
¥1,728から
(2015/1/27 23:15時点)

Powered by NINJA BLOG  Designed by PLP
忍者ブログ / [PR]