政治 ブログランキングへ さらさらの部屋 安全保障戦略が経済戦略。グローバルスタンダードよりも優先される理由の話です。 忍者ブログ
27 . December
さてさて。前回はアジア情勢と安全保障に関する話だったわけですけど。
あの・・・やっぱりね。
改めて申し上げますが、国家戦略の最上位に位置するのが安全保障戦略であり。
その安全保障戦略の下に軍事戦略であれ。経済戦略が存在するだろう。
・・・と言うのが私の個人的な結論で御座います。

ちなみに。
これはどこかの誰かさん。偉い人が主張している事では無くて。
単純に私個人の経験論です。うん^^;
そういう意味では物凄く信頼性。信憑性に欠ける主張で申し訳ないんですが・・・。
今のところ間違ってはいないかなぁ。と思いますのでね^^;
私としては、これを原理原則として話を進めていきたい。と思っている次第で御座います。


と言うわけですので。
この安全保障戦略を無視した軍事戦略。または経済戦略を実行する場合には。
ほぼ確実に失敗するだろう事が予想されると思いますし。
その状態を放置し続けていれば、国家そのものが破滅。滅亡しても何も不思議ではない。
・・・と私は個人的に考えているわけです^^;

ですので、前回にも書きましたが今の中国や韓国と言うのは。
まさに安全保障を無視して行動しているわけですので、その大部分の国家戦略。
やる事なす事の大部分が失敗するし、間違いなく国家全体が衰退して破滅するだろう。
もう一切合切の全てが崩壊してしまうだろうなぁ。と私は考えております。


とまあ、そんなこんなの話がありまして。
本日の話題は、グローバルスタンダードと安全保障に関する話を書きたいと思います。

いやまあ、この話については既に何度か書いてきた話題なんですけれど^^;
でも、先頃から取り上げている中国の話を例題にしていきますとね。
なぜにグローバルスタンダードなどの経済戦略よりも安全保障が優先されるのか。
経済戦略に対する安全保障戦略の優位性についての説明が簡単に出来るかなぁ。と、
そのように思った次第で御座います。それでは参りましょう^^

まず最初に改めての確認です。
世界中のあらゆる国家において、一切の例外なく国家戦略の最上位に位置するもの。
それが安全保障戦略で御座います。
ですので、この安全保障戦略では全ての国家戦略が隷属する立場なのであって。
それが軍事戦略や経済戦略であろうとも、その立場は変わりません。

でまあ、この原理原則から考えていくのならば。
グローバルスタンダードとて同じ立場である。と言えるだろうと私は考えています^^;


うーん。まあ、経済学者の方々の中にはね。
経済のグローバル化。自由主義経済こそが戦争の抑止に繋がる。
自由貿易を実行する国家同士では対立。争いを回避しようとする動きが発生するので。
必然的にグローバルスタンダードこそが新しい世界秩序である。・・・と、
そのように主張なされる方々も多々おられます。

うん。確かにね。その要素がある事は私にも理解出来ます^^
自由主義経済。自由貿易が一定の秩序を構築し、世界平和の要素となる事については。
私も反対はしません。そのとおりであると思います。
ですが、それだけで確立するほど世界秩序とは単純では無い。とも私は思うんです。
そもそもグローバルスタンダードだけで世界の平和が本当に実現すると言うのであれば。
とっくの昔に世界平和が実現して、全ての戦争が終結しているはずですからね^^;
なので、それだけで平和が実現する。と言うのは・・・ちょっと甘いようにも思います。

えーと。一応の確認をしておきますとね。
グローバルスタンダードとは経済活動の最適化であり、合理性。効率性の追求になります。
つまり、そこには世界秩序。世界平和と言う概念は存在しないはずなんです。
うん。この点ですね。
この点を勘違いしている人が多いんですが、平和を目指して経済活動は行われていません。
あくまでも経済活動とは、経済的な利益を追求するために行われているんです。

なので、平和で安定した状態の方が、長期的に見て経済活動にとっては好ましい。
・・・と言う程度の話でしか無くて。
経済活動それ自体が平和を意味するものでは無いだろう。と私は考えています。



さて。これらの話を前提として中国を例題として取り上げさせて頂きます^^

このブログでも既に書いたように、今の中国には経済の自由化こそが必要不可欠です。
本格的な自由主義経済を導入すれば、今以上に中国経済は確実に発展します。
合理的に。効率的に考えればコレ以外の結論などは存在しない。と言うのが私の見解です。

ですが。

現実的な話として今の中国におきましては、経済の自由化が実行される可能性。
本格的な自由主義経済が導入される可能性と言うのは、極めて低い状況にあります。
その理由は皆々様もご存じのとおり。
今の中国政府。中国共産党。習近平が支配体制の維持を優先しているからです。

確認しますが、今の中国は自由主義経済でもなければ民主主義国家でもありません。
中国共産党による一党独裁体制であり。
今現在に至っては習近平と言う一個人の独裁体制になりつつある状況です。
そして、これも既に書きましたように、経済の自由化には政治の民主化が伴うものであり。
言うまでも無く政治の民主化とは、現在の中国の支配体制を全否定するものです。
よって。
今の中国政府。中国共産党。習近平は絶対に経済の自由化を認めないどころか。
逆に統制経済を強めるだろう事は容易に想像出来るかと思います。


それで・・・これこそが現実なんです。
全ての経済学者。経済評論家の方々に私は強く申し上げたい事なんですけれどね。
このように世界中の全ての物事が合理的に。効率的に実行されるとは限らないんです。
極めて非合理的に。非効率的に実行される場合だってあるんです。
と言いますか^^;
私個人の意見としては、非合理的で非効率的の方が絶対に多いと思います。

ともかく。
このような可能性がある事を完全に無視して、物凄く極端なグローバリズム。
グローバルスタンダードだけを実行したとしても、それだけでは世界が平和になるどころか。
世界中が不安定化し、恐ろしい無秩序の状態に突入する事は間違いありませんし。
冗談でも何でもなくて第三次世界大戦。核戦争が勃発します。
その結果として世界が滅亡し、人類は絶滅してしまうだろう。と私は考えています。

だから、経済活動を最適化すれば世界が平和になる。とか。
経済だけで世界の全てが語れる。などと考えるのは大間違いなんです。
そんな事を本気で主張する人は、ハッキリ言いまして『世間知らず』で御座います^^;



うん。まあ、そうですねぇ。
安全保障の立場から指摘するのならば、こうなるでしょうね。やっぱり^^;
グローバルスタンダードって完全に現実を無視しています。もう机上の空論です。
えーと。根本的な点を指摘しますとね。
人間と言う生き物は、決して合理的でもなければ効率的な生き物でも無いんです。
うん。当たり前ですね。
合理性。効率性などと言う一つの価値基準で全てが語れるほど人間は矮小じゃないからです。
そして、人間がそうである以上。この世界もまた同じ事が指摘出来るんです。
世界とは合理性だけでは語れないほどに、広くて大きいもので御座います。


あの、経済学者。経済評論家の方々が経済分野で意見を述べる事については。
それについては私も異論はありません。
だって、どう考えても私などよりも頭が良い人ばっかりですからね^^;
私如きが経済の分野で経済学者の方々に反論する。なんて分不相応な事はしません。
ただ。
これが政治全般。天下国家の話。安全保障。世界秩序。世界平和の話となると。
そうなってくると話は変わってきます。
これらの分野の話を、経済と同じだと思って語られては困るんです。
うん。これらの話をするには、経済の知識だけでは明らかに不足であるからです。

よろしいですか?
利益だけで全ての人間が動くと思ったら大間違いなんですからね?
頭の中だけで考えた事が、そのまま現実の世界でも通用する。
・・・などと思ったら大間違いで御座います。
この世界では、人間の思考を超える事など簡単に発生してしまうからです。
もっと言うのであれば。
正しい事。正論。正解だけが問題を解決するとは限らない。と言う事で御座います。
そうです。だからこその政治であり、だからこその安全保障なんです。

経済の目的とは、あくまでも経済的な利益の追求でしかない。と私は考えています。
ですから、利益の追求と言う観点において対応出来ない問題である場合。
例えば今回に取り上げた中国の場合などが代表的なんですけどね。
このような問題に対しては、どう考えても経済だけでは対応出来ないでしょう?^^;

合理的に。効率的に考えて中国経済を自由化させる事は必然的であるはずなのに。
極めて非合理的で非効率的な理由で自由化どころか。正反対の事が実行されている。
・・・このような状況をグローバルスタンダードでは絶対に解決どころか。
そもそも対応すら満足に出来ないでしょう?
だって。
今の中国共産党。習近平は何があろうと自由主義経済なんて導入しませんよ?^^;
どれだけ中国経済が発展する可能性を説いたところで。
あの連中は自分達の支配体制の維持を優先する可能性が極めて高いと思われます。
なぜならば、彼らは自分達のみ利益追求と言うような物凄く陳腐な理由。
極めて非合理的で非効率的な理由で行動しているからです。

・・・理詰めで対応出来ないほどに。
まったくもって実力も度量も無い筋金入りのバカが中国の権力を掌握しているからです。
でまあ、これと似たような話って古今東西。星の数ほど良くある話なんです^^;


と言うわけで。
この世界には経済だけでは対応出来ない問題って山ほどあるんです^^;
そして、対応出来ませんでした。と言う事では許されないんです。
このような中国の問題に日本のみならず。世界各国が対応しなければならないんです。
自分達の国家と国民を守り、平和と未来を守らなければならないからです。

それゆえに安全保障戦略が求められている。と言う事なんです。
安全保障の目的は平和と未来を守る事であり、あらゆる問題の解決です。
であればこそ、当然ながら中国への対応も含まれているのであって。
結果的に安全保障は経済戦略。グローバルスタンダードよりも優先されるべきなんです。


それで最後に改めて申し上げるんですけれどね。
確かに自由主義経済。自由貿易が世界秩序。世界平和の一つの要素にはなります。
この点については私も理解するし評価もします。異論はありません。
ただし。
それだけで世界秩序。世界平和が成立する。と思ったら大間違いです。
そのような主張。グローバリズム。グローバルスタンダード万能論に対しましては。
私は個人的に烈火の如く大激怒して反対する次第で御座います。
・・・うん。あまりにも世間知らずの主張であるからです^^;

世界平和の実現を考えた場合に経済と言うのは、一つの手段でしかないんです。
手段はあくまでも手段なのであって、断じて目的ではありません。
世界経済が世界平和と同じものである。と言う主張は致命的なまでの勘違いです。


んー。しつこいようで、申し訳ないんですけれどね^^;
経済は経済的な利益の追求でしかなく、安全保障があらゆる問題の解決。
ひいては平和と未来を守る事こそ目的としているわけであって。
そうである以上はね、
世界中のあらゆる国家において、経済戦略よりも安全保障戦略が優先されるのは。
これは極めて自然な流れであって、自明の理であるのではないかなぁ。と私は思います。


とまあ、こんな感じかな。いやはや^^;

それでは本日もまた失礼致しました。皆々様。おやすみなさいませ^^

拍手[5回]

PR
NAME
TITLE
TEXT COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
ササラド
性別:
非公開
P R

ルワンダ中央銀行総裁日記 (中公新書)

新品価格
¥1,037から
(2015/1/27 23:02時点)

昭和史 1926-1945 (平凡社ライブラリー)

新品価格
¥972から
(2015/1/27 23:12時点)

コレキヨの恋文

新品価格
¥1,728から
(2015/1/27 23:15時点)

Powered by NINJA BLOG  Designed by PLP
忍者ブログ / [PR]