政治 ブログランキングへ さらさらの部屋 世界は確実に新しい時代に向けて動き出しております。 忍者ブログ
07 . September
「ど」の字さん。コメントありがとう御座います^^


それでロシアの話なんですが・・・うーん。仮にね。
ロシアが東西。アジアとヨーロッパの二つを見比べてみて。
アジアの方に利益がある。とロシアが判断した。と仮定した場合。
その場合においてロシアが狙うのは、日本じゃなくて中国になると私は考えています。

以前から話題にしていますように、現在のアジア情勢において中心とするべきは。
やはり中国であるだろう。と私は個人的に予想しているんです。
なので、この点をロシアも念頭に置いてアジア戦略を構築している。と私は考えています。
だとすればね。
あえて今ここでロシアが日本と対立する事に、そこまでの意味と価値は無く。
むしろ中国に対応するために、日本との対立は避けるような気がするんです。

また、何よりも腐っても鯛。腐っても日米同盟です。
現在のアメリカが身内同士で争った挙句に、朝鮮半島に苦労している事を差し引いても。
未だ日米同盟が健在である。と言う点をロシアは無視出来ないはずです。
ロシアにとってヨーロッパにおけるNATOがアジアにおける日米同盟となります。
そう簡単にはロシアも日本を軽く扱う事は出来ないでしょう。

そして、このような日本を狙うよりは。
これから先に十中八九。ほぼ確実に混乱するだろう中国を狙った方が。
ロシアとしては利益が大きいのではないか。・・・と言うのが私の個人的な見解です。


んー。もっと言ってしまえば。
仮にロシアがアジアの方が利益が大きい。と判断した場合でもね。
ロシアにヨーロッパを無視する。なんて事は出来ないはずです。
それはウクライナの問題があるからです。
ロシアとしては利益云々を考える以前の段階として、ウクライナを確保する事。
自国の安全保障を確保する事こそが最優先である。と考えるはずです。

だから、ロシアとしてはアジアは中国。ヨーロッパはウクライナを優先するはずであり。
それを考えれば今ここで日本と対立する事は、ロシアにとっても利益は少なく。
逆にリスクが大きい。と判断するのではないか。と私は考える次第で御座います。


それで前回の話になるんですけどね。
日本とロシアは、それぞれに主軸とする場所。主戦場が異なっているので。
双方お互いに対立している余裕が無い。と言う点において利害は一致しております。
日本は日本の事情で、ロシアはロシアの事情で日ロ関係を悪化させる事は出来ないはずです。
ですから、あえて日本が核保有国などにならずとも問題は無いはずです。
うん。そこまで日ロ関係が悪化するなんて、ちょっと私には考えられません。

・・・と言うわけで、日ロ関係については大丈夫だろうと思います^^


それで次にトランプ政権の話ですね。

「ど」の字さんは、トランプさんが国内政策を何も決めさせてもらえなくなった。と、
そのように指摘なされているんですけどね。
もしもそれが事実であるのならば、もう全ての勝負がついた。と私は思うんです。
と言うのもね。
それってトランプさんが事実上エスタブリッシュメントの傀儡になるって事でしょう?
トランプさんが、そんな立場になってしまった。と言うのならばね。
もうアメリカでの争いは全て終わっている。と思うんです^^;

今現在にエスタブリッシュメント。反トランプ陣営が無分別に暴れ回っている。

この事実こそが未だトランプ政権。トランプ大統領が確固たる権力を掌握し。
その意思によってアメリカの国政。内政が動いている。・・・と、
そのように判断するのが妥当なのではないでしょうか?
なので、トランプ大統領に何一つ意思決定が出来ない。と言うのは・・・さすがにね。
それはさすがに言い過ぎのような気も致します。


うーん。いや、確かにね^^;
私個人の立場として、ちょっとトランプさんに偏っていると言うか。
サービスし過ぎている意見である事は自覚しているんですが・・・それでもね。
今のトランプ政権。トランプさんって結構頑張っているんじゃないかなぁ。と思います。
うん。安倍政権と同じ程度には頑張っている。と言うのが私個人の評価です^^

これは・・・えーと。ケント・ギルバートさんの意見なんですけど。
エスタブリッシュメント。反トランプ陣営が暴れ回っているのは。
トランプさんが既得権益を片っ端がぶっ潰しているから・・・だそうです^^;
うん。そうですね。
反発が大きいと言う事は、それだけ大きな事を実行している。と言う事でもありますし。
それらの既得権益。それに伴う腐敗やら汚職やらを排除する事は。
「ど」の字さんがおっしゃるようにアメリカ国民の国民生活を守る事。
自由と民主主義は普遍の価値観を守る事でもある。とも私は思うんです。

んー。「ど」の字さんはトランプさんの実力に懐疑的なのかもしれませんが。
私個人と致しましては、もう少しトランプさんに期待してもよろしいかと思うんです。
・・・まあ、私は何となくトランプさんに苦手意識があったりするので^^;
その分だけ私はイマイチ正しい判断している。とは言い難いんですけど。
もう少しね。見守って差し上げてもよろしいのではないかなぁ。と思います^^



それで最後に戦後レジームから脱却についての話なんですけどね。

これは、ちょっと私の言葉が足りませんでしたね。失礼しました^^;
「ど」の字さんがおっしゃるように、確かに状況としては完璧ではありません。
それでも私としては、あらゆる問題解決が時間の問題だとも考えているんです。
その理由は最大の障害であったアメリカ。及び世界情勢が変化しているからです。

あの・・・私も親米派の立場なのでね^^;
あんまりアメリカを悪く言う事はしたくないんですが日本の戦後レジーム。
その最大の障害は何か?と考えるのならば、やはりアメリカだっただろうと思うんです。
いや、別にアメリカが必ずしも全部悪い。と言うわけでは無くてね^^;
アメリカによる世界平和が続くのならば、それならそれでも良いかな。と、
そのように私も思っていたりもしました。実際それで日本は平和だったわけですから^^
ただアメリカが世界の警察として世界平和を守っている状況がある限り。
日本の安全保障と言うのは脆弱なままで、独自の意思も持てなかった事でしょう。
なので、そのアメリカが世界の警察と言う役割を放棄し、世界情勢が激変した事で。
日本にとっての戦後レジームの全ては過去のものになったのです。
また、その戦後レジームと言う特殊な状況で成立していた各種の矛盾。
明らかに不当な利益を取得していた勢力もまた、過去のものになったのです。
・・・と言うのが私の個人的な見解で御座います。

うーん。まあ、パッと見ただけではね^^;
どうにも遅々として、サッパリ進んでいないようにも見えてしまうかもしれませんし。
「ど」の字さんの御指摘どおりに、まだまだ道は遠いと私も思います。
でも、実際には超高速で日本の状況は改善されつつあると私は思っています^^;
正直な話。
今以上の速度なんか絶対に出ないだろう。と言う速度で改善は進んでいます。
・・・これ以上の速度を出したら、たぶん事故が起きると思います^^;


また、これも以前にも書いた事なんですけれどもね。
これからの日本は責任追及よりも問題解決を優先する声が大多数になります。
そして、そうなった時。
現実的に問題解決が可能な人々こそが評価されるようになりますし。
何も出来ないくせに批判だけ。文句だけは一人前みたいな人々は必ず淘汰されます。
偽物だけが排除されて本物だけが残る時代が到来すると言うか。
もう既に到来したと思います。うん^^;


もちろんね。まだまだ時間はかかるし、改善するべき点は多いですけれど。
でも、もう時代が変わった。と言う意味では日本は戦後レジームから抜け出した。と、
そのように私は思ったわけなのです。いやはや^^;

それでは本日はこれで失礼させて頂きます。皆々様。おやすみなさいませ^^

拍手[2回]

PR
古来よりの露西亜の戦略目標。
 再度のレスポンス、ありがとうございます。「ど」の字です。


 露西亜の動向について、疑問点です。
 露西亜は昔からの悲願である、東海岸に橋頭保を作って領土拡張を狙い太平洋進出を狙うという大戦略、転換したとみて良いのでしょうか?

 日本国はその経営戦略(領土拡張せず製造業で生きて行くという、国際社会にその道を強要された当時は前例無く冒険的な方針でした)からしても、旧敵国として国際法的に束縛されている外交条件からしても、遥か欧州から国益を得る条件を欠いています。
 しかし、露西亜には二正面作戦をする必要性(米国の目と手を極東に逸らす)があるのではないかと予想しました。
 無論、総合国力からすれば無謀だとは思いますが、露西亜は通常の民主主義国家と違って無理矢理二正面作戦をやり遂げる素養があると思う次第です。

>(前略)日本を狙うよりは。
>これから先に十中八九。ほぼ確実に混乱するだろう中国を狙った方が。
>ロシアとしては利益が大きいのではないか。
 現在の共産中国に、露西亜が取れる国益はどれほどあるのでしょう?
 太平洋に出るより陸続きの共産中国に出ると考えられる根拠はどの辺にあるのでしょうか?

(続きます)
「ど」の字さん / 2017/09/07(Thu) / 編集
米国マスコミの情報からでは分からない。
(続き)

 トランプ政権と反トランプ連合との政争は、現在オバマ元大統領までが出て来る展開になっています。
 災害対策一つとっても、リベラル派の反発を受けて麻痺状態にあるように見えるのです。
(もしかしたら米国マスコミが一切報じていないだけで、トランプ政権の指し手も十分に進んでいるのかもしれませんが)

 米国初の情報が一切信用出来ない情勢は、対岸の同盟国たる日本人として怖いものがあります。
 安倍政権による助けの手は、トランプ政権に有効活用されているのでしょうか?
「ど」の字さん / 2017/09/07(Thu) / 編集
NAME
TITLE
TEXT COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
ササラド
性別:
非公開
P R

ルワンダ中央銀行総裁日記 (中公新書)

新品価格
¥1,037から
(2015/1/27 23:02時点)

昭和史 1926-1945 (平凡社ライブラリー)

新品価格
¥972から
(2015/1/27 23:12時点)

コレキヨの恋文

新品価格
¥1,728から
(2015/1/27 23:15時点)

Powered by NINJA BLOG  Designed by PLP
忍者ブログ / [PR]