政治 ブログランキングへ さらさらの部屋 北朝鮮との和解は、日本の戦後最大の国益となるだろう。と私は考えています。 忍者ブログ
10 . September
んー。ちょっと無駄に長くなってしまいましたね^^;
まあ、暇な時にでもお読み下されば幸いで御座います^^


「ど」の字さん。コメントありがとう御座います^^

それでは一つ一つ書いて参りましょう。
まずは北朝鮮を核保有国として認める事のリスクについて、です。
このリスクについては、私も軽く見るつもりはありません。
北朝鮮が核保有国となる事は、間違いなく日本にとっての大きなリスクであり脅威です。
ですが、それは日本だけに限った話では無い。とも私は考えているんです。

私達日本を含め、北朝鮮に隣接する全ての国々。
いえ、ICBMまで所有してしまった今となっては。世界中の全ての国々の脅威です。
それは言い換えれば、世界中の全ての国々が対応するべき問題なのであって。
私達日本だけが対応するべき問題では無い。と言う事でもあります。
そういう点を考えるのならば、今までよりも真面目に世界各国は北朝鮮の問題に対応し。
この問題の解決に向けて努力をする必要性が出てくるかと思います。


・・・まあ、ぶっちゃけた話をしますとね^^;
北朝鮮が単なる核保有国と言うだけであればね。
なるほど。欧米諸国は知らぬ存ぜぬが出来たかもしれません。
でも、今現在のようにICBMまで所有したとなれば無関係でいる事など出来ないでしょう?
当然ながら日本に全てを押し付ける。なんて事も出来ないわけです。
どんな国家であれ世界戦略の一環として北朝鮮に対応する必要性が出てきたのであり。
仮に北朝鮮の問題に私達日本が対処するのならば。
半ば必然的に私達日本に対して世界中の大多数の国々が協力してくれるはずです。

世界各国。特に欧米諸国が真面目に協力してくれる。と言う点を考えるのならばね。
それほどまでに悪い状況である。とも言えないのではないか。とも思うんです^^;


それで韓国はともかく。北朝鮮に対する融和的な姿勢。対応をした事が、
必ずしも安倍政権の終わりに直結する。とは限らないだろう。とも私は考えています。
まあ、つまりはね。
譲歩しておきながら、特に何も成果が無い。と言う場合がダメなわけであって。
ちゃんとした成果が出せれば、別に融和的な姿勢が悪いわけでは無い。と言う事です。

いやまあ、この点については本日の本題なので改めて書かせて頂きますけれどね^^;
でも、基本的な原理原則さえ守られるのならば。
必ずしも譲歩する事。融和姿勢を見せる事が悪い事では無いはずなんです。
繰り返しますが韓国は論外だとしても。
北朝鮮と和解する。譲歩する。融和姿勢を見せると言う事であれば。
韓国に譲歩するよりは明確な成果が出てくる可能性は高いと思いますので。
ここは一つ冷静に。理性的に考えて、現実的な判断をしていくべきでしょう。


それで日本が土壇場に立っている。と言う事なんですが・・・。

いや、私としてもね^^;
もう少し余裕をもって対応出来るかなぁ。と思っていたんですけれど。
ちょっと予想以上にアメリカの内輪もめが激しいと言うか・・・。
想定外にアメリカのエスタブリッシュメント。マスメディアがバカだったわけで^^;
はっきり言ってしまうとアメリカに足を引っ張られてしまって。
その分だけ私達日本が土壇場である。と言うのは、御指摘のとおりで御座います^^;

しかしまあ、この点を嘆いても仕方ありません。
アメリカが頼りにならな。と言うのならば、その分だけ私達日本が何とかする。と、
その覚悟を決めて今後のアジア戦略を組み立てていくしか無いのです。
そして、その上で改めて私の意見を申し上げます。
今の日本が核武装をするのは時期尚早。大いに議論は成されるべきだと思いますが。
決して安易に核武装をするべきではありません。
よくよく慎重に考えてから決断するべき事である。と重ねて申し上げます。

・・・まあ、これは裏を返せばね^^;
別に核保有をせずとも、私達日本ならば今の困難を乗り越える事は十分に可能だ。と、
そのように私は考えているわけで御座います^^


んー。「ど」の字さんは日本が全てのシワ寄せを受けて、
結果的に全ての責任を背負う。物凄い負担を背負う。と言う事を考えているかもしれません。
それについては・・・まあ、ある意味では事実です。
今後の世界情勢を考えた時。私達日本は世界でも有数の大きな責任を背負う事になります。
ですが、それは決して日本が弱いから。日本が負けたからではありません。
私達日本が、本気の本気で世界平和について考えているからです。

あの、これは冗談でも何でもなくて。国家レベルで世界平和を考えている国家。
それが私達日本です。
世界平和について本気で考えていればこそ、背負うべき責任が大きくなるんです。
ただし、それが日本の国益にとってマイナスであるのか。と考えるのならば。
それは断じて違う。と言う事を私は主張する次第で御座います。

あらゆる物事に共通する一つの真理として。
然るべき責任を然るべき者達が背負った時こそが、最も理想的な状態を生み出すのです。
私達日本がアジア諸国の模範となる事で、国家とは。政治とは。平和とは何か。
それを示す事によってアジア地域は、今まで以上に間違いなく発展する。・・・と。
これは決して絵空事などではなく一つの事実として。
現実的に実現可能な理想の未来の一つとして、考える事が出来るのではないか。と、
そのように私は考えているのです^^

そして、おそらく安倍政権もまた。そのような可能性を見据えているはずです。
今ここで日本が核武装をしない事は、今の困難を乗り越えた先。
さらに未来の世界情勢において絶大な効果を発揮する。・・・と、
そのような可能性を見ているのかもしれませんね。


最後に、アメリカが日本を助ける意思があるのか否か。と問われれば。
もちろん助ける意思はあるだろうと思います^^
ただし、実際にアメリカが日本を助けられるかどうかは、ちょっと微妙です。
その程度にはアメリカの内輪もめ。国内問題が深刻であるからです。
まあ、とにもかくにも今のアメリカとしてはエスタブリッシュメントへの対応。
これを終わらせずしては、次の行動を見せる事は難しいでしょうね^^;

ですので、日本に北朝鮮の核保有を認めながらも日本の核保有は認めない。と、
そのような一見してアメリカの都合の良い主張が出てきたとしても。
まあね。無理からぬ事だと思います^^;
でも、それらを前提として申し上げます。その主張を日本は受け入れるべきです。
なぜならば、その方が私達日本にとっても都合が良いからです。
・・・まあ、これはまた別の話になりますけれどね^^;



とまあ、それはそれとして本日の本題。
北朝鮮と和解した方が日本にとってもプラスになる。と言う話に入りたいと思います。
それでは参りましょう^^

でまあ、最初に申し上げておきます。
これから書きます話は、あくまでも私の個人的な意見であると共に。
ある意味では極めて偏った意見となります事を、どうかご容赦下さい。
・・・と言う前置きを書く程度には、今回の話題は偏っている部分が御座います^^;
ただ日本の国益にプラスとなる。と言う点は忠実に守っております。
その点だけはご安心下さいませ^^


それで、です。
なぜに北朝鮮と和解する事。つまりは、北朝鮮の核保有を認める事。
そんな事が日本の国益になるのか?と言いますと、ですねぇ。
それこそが私達日本の目的が達成される一番の近道であると同時に。
最も現実的な手段であるから。・・・なのです。

うん。改めて一番基本的な事を書かせて頂きますとね。
私達日本の目的は、朝鮮半島の諸問題の解決と朝鮮半島情勢の安定。
この二つこそが目的なのです。
そのために今まで韓国に対して莫大な支援を続けてきました。
・・・ええ。決してボランティアで韓国に支援してきたわけじゃないんです。

しかしながら、皆々様も御存じのとおり。
どれほど韓国を支援したところで私達日本の目的は達成されませんでした。
何年。何十年と様々な手厚い支援をしてきたと言うのに。
韓国は一向に成果らしい成果を出さず、それどころか恩を仇で返すような事ばかり。
あれだけ支援を受けておきながら、平気な顔で反日をやり続ける始末。
まったくもって残念な話ではありますけれど。
韓国に対する日本の支援。その全てが無駄だった。と結論付けるしかなく。
よって金輪際。私達日本が韓国に対して支援を行うべきではない。と私は思います。


さて。そうなると、です。
必然的に私達日本としても朝鮮半島戦略の大転換が必要になるわけですね。
今までは韓国を支援する事で、朝鮮半島の問題解決と安定化を目指してきたわけですが。
この手段が何一つ成果を出さない事が周知の事実となった以上。
それ以外の手段によって私達日本は目的を達成させる必要があるわけです。

・・・うん。ここで北朝鮮との和解。協力と言う話が出てくるわけですね^^
正直に申し上げますが、もう韓国と話し合う事は無駄です。
でも、だからと言って私達日本としても朝鮮半島を放置する事など出来ませんし。
朝鮮半島の諸問題。
特に拉致問題と核問題を放置する事など絶対に出来ません。
そのためにも新しい手段として北朝鮮との和解。協力と言う事を、
私達日本も本格的に考える必要性が出てきたわけで御座います。


それでは北朝鮮と和解する事は現実的に可能なのでしょうか?

私個人と致しましては、十分に可能である。と考えております^^
今の北朝鮮。金正恩は朝鮮半島の統一こそが悲願。最大の目的としているのであって。
そのためであれば私達日本との協力も迷わず受け入れるでしょう。

・・・いえ。こんな表現をするよりも北朝鮮。金正恩の立場で考えるのならば。
あえて日本と対立する事で韓国の併合。朝鮮半島の統一の邪魔されたくない。と、
そのように北朝鮮。金正恩ならば必ず考えるはずです。
そして、私達日本の立場としてもね。
朝鮮半島が北朝鮮により統一される事になったとしても、さほど問題にはなりません。

しつこいようですが、私達日本の目的は朝鮮半島の諸問題の解決と安定化なのであって。
別に朝鮮半島全域を民主化する事が目的ではありません。
一応。念のために確認しておきますけれど
韓国による朝鮮半島の統一。または朝鮮半島全域の民主化とは。
私達日本にとっては目的達成の手段の一つでしかなく、決して目的それ自体では無い。
まあ、一番理想的な手段ではありますが、無理ならば別の手段を選ぶべきでしょう。
・・・手段と目的を勘違いしてはダメなので御座います。


なので、朝鮮半島全域が金正恩による独裁体制になったのだとしても。
それで朝鮮半島の問題解決と安定化が実現するのであれば、何の問題も無いわけです。
ええ。そうですとも。
北朝鮮による韓国の併合と朝鮮半島の統一は、韓国人自身も望んでいる事ですしねぇ。
・・・あのムン・ジェイン大統領を選んでおきながら、
そんなつもりはなかった。なんて言うのはナシです。
韓国は、韓国国民の民意において親北派。従北派の大統領を選んだのですからね。
韓国人で選んだ以上は、韓国人が全ての責任を背負うのが道理で御座います。
もはや何一つとして言い訳など聞きません。


とまあ、そんな話は今は置いておくと致しまして^^;
そうなりますと、次の問題としては日本の目的は達成されるのか?・・・です。

日本が最優先としている目的は次の三つ。
一つは核保有に関する一定の合意。二つは拉致問題の全面的な解決。三つ目が竹島返還。
この三つが実現するのならば、仮に安倍政権が北朝鮮に融和的な姿勢を見せたとしても。
ある程度の譲歩や配慮を北朝鮮。金正恩に見せたのだとしても。
明確な成果がある以上は、安倍総理の手腕が評価されるだろうかと思います。
これで日本国内から反発が出てきたとしたら、それは単なる屁理屈でしょう^^;

それで一番最初の核保有に関する一定の合意は、これはアメリカが実行する事です。
アメリカが認めるのならば私達日本としても、それに追随しましょう。それだけの話です。
残りの拉致問題の全面的な解決と竹島返還については。
これは北朝鮮。金正恩による朝鮮半島の統一。朝鮮半島全域の支配を黙認する。
・・・と言う事と引き換えとすれば、おそらくは快諾されるはずです^^

拉致問題は、基本的に先代の金正日がやった事ですし。
竹島については、そもそも韓国の問題であって北朝鮮は無関係です。
小さな島一つで日本と和解出来るのならば、金正恩は喜んで返してくれるはずです。
うん。そうですね。
この時点で皆々様もお察し頂けるとは思いますけれども。
日米両国が北朝鮮との和解した時点で、韓国に配慮する必要性が何一つ無くなるんです。
その理由は、韓国の全てが北朝鮮に支配される事になるから、です。

そんなわけで。
今後の一切の交渉は韓国政府の頭を飛び越えて北朝鮮。金正恩との交渉になるでしょう。
そうした方が私達日本やアメリカとしても好都合のはずです。
・・・少なくとも韓国よりも北朝鮮。金正恩は約束を守ってくれるはずですからねぇ^^;
もはや韓国国民の民意。韓国人の意思などを日米両政府が気にする理由はありません。
そんな事をしても単純に時間の無駄で御座います。


さて・・・ここまでが実を言いますと前座の話になります。
うん。ここまでの話であればね。
いやいや、それくらいなら北朝鮮の核保有を認めない方が良いんじゃないか。
日本の国益としてはプラスの側面が小さいのではないか。
北朝鮮が朝鮮半島を統一してしまえば、その分だけ北朝鮮の脅威が増大するだろう。
・・・と言う意見があると思います。
でも、これから話す事を聞いて頂ければ納得して頂けると思います^^
と言うのも、私達日本にとっての最大の国益と言うのは・・・まだ他にあるからです。

・・・いや、もちろんね^^;
拉致問題の全面的な解決も竹島の返還も十分に大きな成果です。
特に拉致被害者の方々の悲しみを考えたら・・・私も言葉がありません。
だから、ようやく解決出来るんだ。と思えば非常に大きな成果である事は確実です^^
ただそれらを上回るほどの特大のプラス。さらなる利益が日本に発生するんです。
すなわち私達日本が韓国と完全に縁切りする事が出来る。・・・と言う事です。


いやぁ~。本当にね。まったくもって、ようやくと言う話で御座います^^;
あの超ド級の問題児を切り捨てる事が出来るとなれば、これほどの利益はありません。
もう本当に戦後最大の国益と言ってもよろしいのではないでしょうか?
うん。それほどまでに大きな国益であるだろう。と私は個人的に考えている次第です^^

あの、ですねぇ。
ネット上などでは、よく韓国と断交。国交断絶するべきだ。と言う意見があるんですが。
これがまた簡単に実現出来る話では無いんです^^;
韓国との国交断絶と言うのは、実は非常に難しい事でして。
現実的に実現させる手段が、ここ数年までは存在しませんでした。
うん。複雑な事情があって日本からでは韓国を切り捨てる事が出来なかったんです。
ところが。
奇跡的に韓国を切り捨てられる状況が確立した・・・わけなんです。
それこそが北朝鮮による韓国の併合であり、朝鮮半島の統一になるわけで御座います。


まあ、韓国が北朝鮮に併合されてしまった場合。
どこをどう考えても韓国人は一部の例外を除いて、大変な事になる。
それこそ地獄の底に叩き落される事になるとは思うんですけれど。
でも、そうなる事を選んだのは韓国人自身ですからねぇ・・・。
先の韓国大統領選でムン・ジェイン大統領を選ぶと言うのは、そういう事でしたし。
それを今更ながら「わからなかった」なんて言い訳など通用しません。
北朝鮮による韓国の併合は、紛れもなく韓国国民の民意によって決断された事です。
内政不干渉の原理原則もある事ですし、それを私達日本が否定する事は許されません。

なので、そんなに地獄の底に行きたいのならば、どうぞ御自由になさって下さい。
私達日本は、韓国国民の決断を最大限に尊重させて頂きます。
その上で私達日本は今後の行動を決断する次第で御座います。あしからず。
・・・と言う事になるだろうかと思います。

韓国が北朝鮮に併合される。韓国を北朝鮮。金正恩が支配。もとい管理してくれる。
よって必然的に私達日本は韓国から解放される。と言うのは、これはね。
これは本当に。狂喜乱舞しても良いくらいの特大級の国益である。と私は思います^^
んー。正直な事を言いますけど。
私としても、もう韓国人の方々には関わりたくありませんもん^^;
・・・もう何年と韓国を心配して警告し続けてきて、本当に疲れ切ってしまいました。

んー。何と言うか・・・。
こんな事は言うべきでは無いのかもしれませんが、韓国の方々って至極単純に怖いんです。
うん。私は韓国人の方々に対して純粋な恐怖を感じます。
誰でも感情的になる。と言う事はありますが、彼らのソレは別次元のものです。
あの、本当に・・・ちょっとと言うか。かなり正常ではない部分があると思います。

それで、そんな方々と無関係な立場になれるのであればね。
ぜひともに。このチャンスを生かして無関係となるべきだ。と私は強く主張します。
まさに君主危うきに近寄らずです。
ええ。北朝鮮の核保有を認める程度で、そうなれるのならば今すぐにでも認めて。
一日も早く韓国から手を引くべきです。それだけの意味と価値が日本にはあるのですから。


とまあ、こんな感じかな。いやはや^^;

それでは本日もまた失礼致しました。皆々様。おやすみなさいませ^^

拍手[1回]

PR
約束を守らない民族。
 おはようございます。「ど」の字です。


 確かにそういう視点から朝鮮人管理を任せるという点では、語られた説は一つの解だと思います。
 ですが、その説には大きな二つの問題点が存在すると思います。

 ■

 先ず、
>少なくとも韓国よりも北朝鮮。金正恩は約束を守ってくれるはずですから
 この点において、自分は非常な疑問を感じてしまいます。
 今日まで長い間約束を破り続けた北朝鮮が、金正恩体制下で今度こそ約束を守ってくれるかどうか、です。
 自分は懐疑的です。金正恩の下で統一された朝鮮半島は、今後とも変わらず国際社会に(勿論日本にも)迷惑を掛け続けるでしょう。しかも、核兵器を持った状態で。
 核兵器を突き付けて自らの無法を押し通す国家が存在し続けるという事実は、アジアのみならず世界に大変な悪影響を及ぼすと、自分は考えます。

 ■

 次に、
>超ド級の問題児を切り捨てる事が出来るとなれば、これほどの利益はありません。
 確かに、金正恩体制が朝鮮民族をきっちり国際社会から隔離出来ると言うのなら、耐え難きを耐え忍んで金正恩による朝鮮半島統一と核兵器保有を認めるという選択肢も「有り」とは思います。
 しかし、金正恩に朝鮮半島の国家を統治する実力があるでしょうか?そして、朝鮮人が果たして金正恩に従い大人しく封じられるでしょうか?
 世界に飛び散った朝鮮人たちは、新しく生まれる統一朝鮮に従う事無く勝手に共同体を作ってしまうような気がしてなりません。日米で顕著ですが、彼らは北にも南にも従わず現地で仮想共同体を作る傾向があり、それを過激派リベラルが支援して差別利権を構築し、国を左右する政治力まで振るうようになっています。
 北朝鮮主導で半島統一が為されれば、「人権」を盾に取って犯罪を続ける朝鮮人を朝鮮半島に投げ返す事が(リベラル的言論・マスコミ・政党の反対で)出来なくなります。これは一体どうすれば良いのでしょうか?

 ★

 そして。
>日本に北朝鮮の核保有を認めながらも日本の核保有は認めない。と、
>そのような一見してアメリカの都合の良い主張が出てきたとしても。
(中略)
>その主張を日本は受け入れるべきです。
 何時どんな恫喝をされるか分からない状態を、何故日本は受け入れるべきと主張されるのでしょうか。
 日本が恫喝に屈してしまえば、中露をはじめとした他国もそれに追随して日本から国益を剥ぎ取りに掛かるでしょう。
 今の北朝鮮と交渉し譲歩するというのは、それだけのリスクがある行為だと考えます。
 米国(などの国際社会)が頼りにならないのならば、日本は自国だけで他国の恫喝に対応する態勢を構築せねばならないのでは無いでしょうか。
「ど」の字さん / 2017/09/11(Mon) / 編集
NAME
TITLE
TEXT COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
ササラド
性別:
非公開
P R

ルワンダ中央銀行総裁日記 (中公新書)

新品価格
¥1,037から
(2015/1/27 23:02時点)

昭和史 1926-1945 (平凡社ライブラリー)

新品価格
¥972から
(2015/1/27 23:12時点)

コレキヨの恋文

新品価格
¥1,728から
(2015/1/27 23:15時点)

Powered by NINJA BLOG  Designed by PLP
忍者ブログ / [PR]