政治 ブログランキングへ さらさらの部屋 韓国が属国でなくなるためには、どうあるべきなのか。 忍者ブログ
05 . February
と言うわけで。
前回はアメリカ国防長官のマティスさんの訪韓と、
これに関連して次期大統領選の支持率2位となった新しい保守派の有力候補。
黄教安さんの話で御座いましたね。

うん。まあ、本当にね^^;
相変わらず首の皮一枚が残るだけのギリギリ瀬戸際外交なわけですけど。
とりあえず韓国の命運が尽きる事だけは回避出来ました。


うーん。大多数の韓国の方々は気が付いていないので、改めて確認しますとね。

保守派の有力候補だった潘基文さんは、日韓合意の再交渉を主張した。
これってつまり、韓国の保守派が日韓合意の再交渉を主張した事と同じ意味なんです。
なので、この時点で日米両国には韓国から手を引く以外に無かったわけです。
保守派ですら私達日本やアメリカを裏切った以上。
もはや韓国に対応する手段が何一つ存在しなくなったから・・・です。

だからこそ、です。

だからこそ、アメリカは潘基文さんを政治的に失脚させたんです。
日韓合意の再交渉がありえない事を、韓国の保守派に理解させるために、です。
万が一にも。
ここまでやって、それでもダメだとするのならば・・・。
冗談でもなんでもなくて、本当の本当に日本とアメリカは韓国を切り捨てた事でしょう。
今回のマティスさんの訪韓は、韓国との決別を宣言するものであり。
その直後にあった日本への来日は、
韓国を切り捨てた上での新しいアジア戦略を合意するものになっていたはずです。
だから、本当に韓国はギリギリなんです。


それで根本的な点を指摘するのならば、アメリカが実際に警告を発するまで。
アメリカ政府が潘基文さんの弟に対する逮捕状を韓国政府に要求して。
実質的に潘基文さんの政治生命をアメリカが叩き潰す。と言う段階になるまで。
韓国の保守派が事態の重大性を理解出来なかった。
日韓合意の再交渉を日米は絶対に認めない。と言う事を理解出来なかったと言うのは。
これではね。
いくらなんでも現状認識が甘過ぎますし、危機感が無さ過ぎるんです。
よろしいですか?保守派のみならず、全ての韓国の方々に申し上げます。
貴方達は、それほどまでにギリギリの崖っぷち。
北朝鮮に負けず劣らずの瀬戸際にまで追い詰められている状態なんです。
甘い考え。都合の良過ぎる妄想をするのはいい加減にやめなさい。
さもなければ、本当に大韓民国と言う国家。国民の全てが破滅しますからね?
・・・そろそろ一国の主権国家。その国民としての責任を自覚するべきだと思います。
誰かが助けてくれる。なんて無責任で他力本願な考えは捨てるべきです。


はぁ~。まったくねぇ・・・。
赤の他人。日本人の私が、なんで韓国人よりも韓国の心配をしているのだか^^;



それで本日の話題なのですが・・・。
後になってから「騙された」と言われたら困りますので。
少しばかり韓国経済について話をする必要があるかと思います。
・・・私は経済が苦手なので、あまり上手くいかないかもしれませんが、
どうかご容赦下さいませ。それでは参りましょう^^


それで、ですねぇ。
はっきり言いまして、韓国の保守派。黄教安さんが勝利したとしても。
日米両国と連携する。日韓合意を順守する。と主張したとしても。
韓国の未来は決して明るいものではありませんし、幸福なものではありません。
なぜか?
まず間違いなく。ほぼ確実に韓国経済が破綻してしまうからです。


財閥企業は軒並み倒産するか、または拠点を国外に移転させる事でしょう。
韓国が掌握する外需シェアの全て他国に奪われて、
元々脆弱な韓国の内需経済は今以上にズタボロになり。
韓国国民は信じられないくらい困窮して、大多数の国民が貧困層となりますし。
アジア最貧国と比較しても大差ないくらいまで、徹底的に韓国は疲弊します。
正直な話。
IMFすらも匙を投げる可能性があるほどに、韓国は最貧国になるはずです。

ですので、次の韓国大統領選で保守派。黄教安さんが勝って、
民主主義。法治国家。人権の概念が守られたとしても。
韓国経済までは守る事は出来ません。
うん。今からでは何をどうしようとも、まず間違いなく間に合わない。
・・・日韓スワップなどの話もありましたけど、これも間に合いません。
残念ながら、韓国経済の破綻と国民生活の困窮は不可避です。


うん。そうですねぇ。
経済が苦手な私でなくても、世界中の誰が考えたとしても。
おそらくは、同じような結論になるのではないか。と思う次第で御座います。
それくらいに韓国経済と言うのは、手の施しようが無い状態です。




でも、そうは言いましてもね。

韓国の方々。どうか自暴自棄にならないで下さい。全てを諦めるの早過ぎます。
なぜならば、経済破綻を上回る最悪の状況があるからです。
ぜひとも韓国の方々には冷静に。理性的に。次の場合を想定して見て欲しいのです。

中国か北朝鮮に隷属して、韓国人同士で殺しあった挙句に奴隷となるのか。
家畜も同然に非人道的な扱い受けて、その上で徹底的に搾取されるのか。

もしくはアメリカ陣営に残って、世界の最貧国になろうと最低限の文明と権利。
民主主義国家。法治国家。基本的人権のある国家を維持するのか。

この二つのうち。どちらを選ぶのか。どちらがよりマシであるのか。
その選択肢が今の韓国には提示されております。
・・・うん。これこそが次の韓国大統領選が意味するものであるはずです。

もちろん親中派。従北派が真実を言うはずもありませんから。
前回にも書きましたように、日韓合意の否定による反日を主張するはずです。
それに保守派。黄教安さんが戦って勝った場合。
韓国は最貧国になりますが、それでも独立した主権国家としての地位だけは、
その最後の一線だけは、何とかギリギリで守る事が出来る・・・と言う話です。


あの、そういうわけなのでね。
保守派。黄教安さんが勝利したとしても、それで全ての問題が解決する。
韓国の未来は薔薇色で、全てがハッピーエンドで丸く収まる。
・・・と言う事には絶対にならないんです。

ならないんですけど、それでもギリギリで地獄の一歩手前。
最低最悪の状況の一つ手前の段階で、踏み止まる事が出来るんです。
これは、ごくわずかな違いのように見えますが、実際には大きく違うんです。
全く異なる結果である。と断言出来るほどに、天と地の差があるんです。
それは大韓民国と言う国家。国民の未来を繋ぐ事が出来るか否か。だからです。


今までのような偽装された。ねつ造された嘘の歴史を教える必要も無くなる。
狂った歯車を元に戻す最大最後の好機が、まさしく今この時なんです。
未来を生きる子供達に向かって、胸を張って堂々と韓国を守った。
韓国を守るために戦い勝利した。・・・と宣言する事が出来るんです。


そして、それこそが大韓民国としての。
一つの独立国家としての、本当の意味での第一歩となるんです。
ここからです。
ここから大韓民国の、本当の歴史が作られていくんです。

そのための戦いが次期韓国大統領選なのであり。
韓国の保守派。黄教安さん。ひいては全ての韓国国民が勝利するべき理由です。
辛くて苦しい道である事は間違いありません。
しかしながら、その道を歩く事こそが韓国の未来を創る事そのものなんです。

・・・私は、そのように考えている次第で御座います。



それでは本日はここまでにしておきましょう。皆々様。おやすみなさいませ^^

拍手[5回]

PR
NAME
TITLE
TEXT COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
ササラド
性別:
非公開
P R

ルワンダ中央銀行総裁日記 (中公新書)

新品価格
¥1,037から
(2015/1/27 23:02時点)

昭和史 1926-1945 (平凡社ライブラリー)

新品価格
¥972から
(2015/1/27 23:12時点)

コレキヨの恋文

新品価格
¥1,728から
(2015/1/27 23:15時点)

Powered by NINJA BLOG  Designed by PLP
忍者ブログ / [PR]