政治 ブログランキングへ さらさらの部屋 韓国の地獄が、どのようなものになるのか。その話です。 忍者ブログ
25 . January
さて。前回は日米両国が手を引いた後の韓国では。
十中八九。中国と北朝鮮による代理戦争のような対立が発生する可能性がある。
・・・と言うような話でしたね。

まあ、そうですね。
そうなる可能性は極めて高い。と判断する以外には無いだろうと思われます。
それくらいに韓国の未来と言うのは本当に悲惨である事でしょう。


・・・はぁ~。やれやれ^^;
前回にも書きましたが、本当にね。どうしようもない方々ですよねぇ・・・。
私個人としても、韓国を話題としているのが物凄く辛くなってきます。
ちょっと泣いてしまうくらいですToT
あの、大変失礼ですけれども韓国の方々と言うのは百年前から。
日韓併合の頃から何一つ進歩と言うか。成長していないと思います。

なぜに。これほどまでに成長しないのか?
あれほどまでに日本とアメリカが応援して、支援していたと言うのに。
なんで全てをダメにしてしまうのか?
隣に日本と言う世界的なお人好し国家を置いて、そこから莫大な支援を受けて。
そこまでして、よくぞ迷わず破滅の道を突き進めるものです。
もう本当に・・・笑うしかありませんよねぇ。ホントにさ^^;


とまあ、そんなわけで。
泣き笑いみたいな感じで、本日の話題に入らせて頂きたいと思います^^;
本日は韓国の未来について、もう少し踏み込んだ話をさせて頂きます。
それでは参りましょう^^


まず最初に確認で御座います。
現在の韓国では、日本とアメリカが国交断絶に向かって動いている事に対して。
適切な手段を実行出来ない状況にあるのが実情です。
この原因は、ひとえに韓国全体の現状に対する著しい認識不足にあります。

でまあ、日米両国が完全に韓国との国交断絶。
韓国を切り捨てて、完全に手を引いた後につきましては。
前回にも書きましたように、残った中国と北朝鮮の対立。
それに煽られた韓国人同士が激しく対立した挙句に、壮絶に殺し合う。
・・・と言う事になるだろうと私は予想しております。

なんとも残念な話ではありますけれども。
ここは現実的に。あくまでもシビアに物事を判断しなければなりません。


あの、重ねて申し上げます。
日米両国が手を引いた後の韓国では、韓国国民が自発的に。
自らの意思によって双方互いに壮絶な戦いを繰り広げる事になります。
これは韓国人の国民性。民族性を背景として考えた場合。ほぼ不可避です。
うん。そうですね。
はっきり申し上げますが、誰も止めないはずですし。
万が一にも止める者がいたとしたら、その人は最優先で排除されると思います。
なぜかと言うと、この戦いは韓国人にとって反日の代用品だからです。
つまるところ。
韓国における優先順位が変わる。と言う事で御座いますね。


えーと。韓国における反日とは、まさしく日本を攻撃するための手段です。
でも、その日本。ひいてはアメリカが韓国から手を引くわけです。
結果として韓国における反日の意味と価値が低下します。
・・・うん。攻撃する相手がいなくなっちゃったからです^^;
そんな状況で中国と北朝鮮。親中派と従北派の対立が拡大するわけです。
韓国国民の意識の大部分が、そっちに移るのは当然の話で御座います。

それでまあ、付け加えるのならば。
日米両国が韓国から手を引いた以上。残された中国と北朝鮮。
それぞれに対して自分の評価を高めようと韓国国民は考えます。
少しでも他者より優位に立とうとするためですね。
それゆえに、一人でも多くの敵を倒す。と言う目的で韓国国民は動くはずです。
昨日まで仲良く反日をしていた韓国人同士が。
今度は親中派と従北派に分かれて、さも当然のように対立して殺し合うわけです。

・・・まっ。韓国人であれば、そうするでしょうね。どう考えても。



そこまでは・・・殺し合いまで事態は悪化しないだろう。

いえいえ。悪化するんですよ?
そのように考えている方々は、まだ韓国に対する認識が甘過ぎます。
この次の戦いでは確実に韓国人同士の殺し合いにまで事態は悪化します。
なぜか?
韓国。大韓民国と言う国家の文化。文明レベルが急激に低下するからです。

現在の韓国には曲がりなりにも現代国家としての価値観。
民主主義や法治国家。基本的人権と言う概念が一応は存在しております。
完璧に備わっている。とは到底言い難い不完全なものではありますが^^;
それでも一応は存在しています。
ですが、これからの韓国は・・・これらの全てが消滅してしまうんです。


韓国は日帝残滓を理由として、その痕跡を徹底的に破壊する。
・・・と言うような事を実行してきました。
これは以前の統治が間違いであり、現在の統治が正しい事を証明するために。
現在の為政者が自己の正当性を確立させるために。
韓国や中国では、よく行われる行動。風潮の一つなんですけれども。
この延長線上として韓国における現代国家としての価値観。
民主主義。法治国家。人権と言う概念の全てが徹底的に否定され排除されます。

その理由とは、その価値観が日本やアメリカなどの価値観なのであり。
中国や北朝鮮の価値観では無いからです。
韓国から日米両国が手を引く以上。日米両国の価値観は全て排除されます。
その代わりに中国や北朝鮮の価値観が韓国国内で拡大します。
つまりは共産主義であり、人治国家であり、人権の否定です。

こんな国際社会の誰もが見向きもしない概念が台頭するわけですから・・・。
そりゃあね^^;
文化レベルが低下したり。国家として衰退しないわけがないでしょう?


とまあ、そう言うわけですのでね。
これから先の韓国は、日米を含めた世界各国がドン引きするような。
言語を絶するような恐ろしい事が起こるんです。
国内情勢が一気に中世のレベルにまで下がって、魔女狩りとか。
人民裁判みたいな事が平気で発生するような状況にまで悪化するんです。
串刺し刑とか。火あぶりの刑みたいな非人道的な事が平気で行われるような。
そんな物凄い状況になってしまうんです。

あの・・・ここまで言えば、どれだけ自分達がヤバイ状況にあるのか。
韓国の方々にも、さすがに少しでも理解して頂けましたでしょうか?



そんな状況になどならない?中国や北朝鮮が適切に対応してくれる?
・・・バカじゃん。

うん。はっきり言いますよ?
中国や北朝鮮と言うのは、これ以上ないくらいに韓国を見下しています。
ええ。そうですとも。
中国や北朝鮮と比較すれば、日本の嫌韓など可愛いものです^^;

日本国内では民族差別だ。ヘイトだ。などと批判している方々がいますけど。
それと同じ事を中国や北朝鮮で言えるのか?・・・です。
もしも中国国民。北朝鮮国民と韓国国民を同列に扱う。なんて事になったら。
中国でも北朝鮮でも、どちらの場合でも暴動が起こります。

「あんな連中と一緒にするな」・・・ってね。

よろしいですか?
中国でも北朝鮮でも、どちらも共に韓国人に対する扱いは共通しています。
つまりは二等国民。自国民より劣る立場として扱う。と言う事です。
うん。そうなんですからね?韓国の方々。
中国や北朝鮮の統治と言うのは、日本やアメリカほど甘いものじゃありません。
徹底的に民族差別。階級差別を実行して韓国国民を管理。支配するはずです。
その場合において同じ人間として扱ってくれる。・・・なんて思わない事です。



・・・本当にね。
あれほどまでに日米両国が韓国を助けようとしていたのに。
最後の最後。本当に最後のチャンスとして日韓合意まで実行してあげたのに。
そこまでしてあげたのに・・・このザマです。

どうして是が非でも日韓合意を守ろうとしなかったんですか?
これを破棄したら韓国と言う国家。国民が地獄に落ちると言う事は。
誰にだって理解出来たはずの事です。
どんな手段を用いてでも、全力で合意を履行しなければならなかったはずです。
それなのに・・・なぜ日韓合意を破棄する。なんてバカな結論になるんです?


ああ。まったくもって韓国人と言うのは愚かな方々で御座います。
日本とアメリカが、あれほどまでに頑張って。努力して。
なんとか韓国を守ろうと。韓国人を守ろうと必死になっていたと言うのに。
なぜ肝心の韓国人が頑張らなかったのですか?努力しなかったのですか?

愚かだ。愚かです。韓国人と言うのは。
どっちが正しいのか。どっちが味方なのか。
日米と中朝。どちらが本当に韓国の事を考えているのか。
・・・その程度の事すら、貴方達はわからなかったと言うのですか?


そうだとしたら、もう仕方のない話です。
世界最強国家と、アジア最強国家が何年もの時間をかけて。莫大な資金を投じて。
膨大な労力を浪費して、そこまでしてもなお。
大韓民国と言う国家と国民を救う事が出来なかったのだとすれば。
もはや世界中の誰にも韓国を救う事など出来なかった。と言う事なのですからね。
韓国の滅びは、まったくもって必定で御座います。


バカだよねぇ。本当にさ・・・。


それでは本日はこれで失礼させて頂きます。皆々様。おやすみなさいませ。

拍手[4回]

PR
NAME
TITLE
TEXT COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
ササラド
性別:
非公開
P R

ルワンダ中央銀行総裁日記 (中公新書)

新品価格
¥1,037から
(2015/1/27 23:02時点)

昭和史 1926-1945 (平凡社ライブラリー)

新品価格
¥972から
(2015/1/27 23:12時点)

コレキヨの恋文

新品価格
¥1,728から
(2015/1/27 23:15時点)

Powered by NINJA BLOG  Designed by PLP
忍者ブログ / [PR]