政治 ブログランキングへ さらさらの部屋 韓国の未来を考えて、その未来を守って下さい。 忍者ブログ
12 . July
えーと。そう言うわけで。
前回は、もう日韓関係ってダメなんじゃないかなぁ。と言う話でした^^;
うーん。せっかく中国を出し抜いた。一歩前に進んだ。・・・と思っていた分だけ。
みんなのガッカリ度合いも大きかったわけなのです。うん^^;


でまあ、ちょっと話は変わるんですが。
以前から韓国経済は深刻だ。ヤバイ。と話題になる事が多々あったんです。
それで私個人と致しましては、韓国経済に対する悲観的な主張などに対しまして。

「大丈夫だ。そこまで悲観する事は無い」

・・・と思っていた立場の人間だったわけなのです。うん^^;
いや、もちろん私は経済が苦手のド素人だったりするわけですが。
別に何の根拠も無いような。無責任な主張ではなくて、ですねぇ。
軍事面。安全保障面において考えるのならば。
もし仮に。
韓国の経済が破綻して再びIMFの管理下に入ったのだとしても。
米韓関係。米韓同盟がある限り韓国は持ちこたえる。韓国は滅亡しないだろう。と、
そのように考えていたので御座います。
いやまあ、もちろんね。
経済が破綻してしまう以上は、韓国国民の生活が困窮する事は避けられませんけど。
そうだとしても韓国の民主主義と国民の人権を守る事は出来る。と私は考えていました。
経済がダメでも、安全保障でカバー出来る。と考えたわけです。


しかし、ここにきて安全保障すらも危うい状況になってきました。
やはり先頃の世界遺産登録における反日によって。
日韓国交正常化50周年での関係改善の動きが停滞した事が、あまりに致命的でした。
これで日本がダメだとすれば、残るはアメリカだけです。
それで・・・こちらの記事を御覧ください。
これは日経さんの記事です。
御覧のとおりにアメリカは、今まさに軍事費を削減している真っ最中です。
当然ながら軍事費を削減する以上。米軍の規模が縮小されるのは必然です。
さて。ここです。
アメリカの軍隊は何を基準にして軍隊を縮小するのか?・・・と言う事です。
当たり前の話ですけれども。
アメリカの国益に反映されない軍隊から削減。縮小されていくのが道理です。

となれば、THAADの導入に難色を示すなど。
アメリカの安全保障戦略に対する協力が消極的であればあるほどに。
また、反日によって日韓関係のみならず。
アメリカ国内での反日で日米同盟まで亀裂を入れようとする以上。
在韓米軍が削減。縮小の対象となるだろう事は、誰の目から見ても明らかです。

このような状況の中で、次回の米韓首脳会談が行われるわけです。
・・・だからこそ、韓国は絶対に失敗出来ないんです。


それで、ちょっと話は変わって申し訳無いんですが。
前回にもチラッとだけ。それも付け加えるように書いた事ですが^^;
韓国に対する中国の影響力と言うのは、もうハンパじゃありません。
はっきり言いますと。
もはや中国はアメリカを凌駕するほどの影響力を保有しているのが現状です。
安全保障の側面を無視すれば、完全にアメリカは中国に負けている状態だと言えます。

えーと。それで前回に書いた話はFTAの話でしたね。
事実。米韓FTAと中韓FTAでの韓国世論を比較すると驚くほどの違いがあります。
これに加えまして。
AIIBとTHAADでの攻防でも、その優劣は鮮明に表れております。
アメリカの警告を無視して中国のAIIBへの参加を表明して、
アメリカの要請を無視して在韓米軍のTHAAD導入に関する判断を保留としている。
これらの事実を考えれば、韓国がアメリカを裏切ろうとしている。・・・と、
そのように判断されたとしても、何一つとして不思議では無いでしょう。

これに加えて、先頃の世界遺産登録における反日です。
さして中国から圧力が無かったにも関わらず、反日により韓国は日本を譲歩させました。
それも韓国政府の独立した意思による自立的な行動なのであって。
つまるところ。
中国の圧力が無くとも、中国の思惑通りに動いてしまう程度には。
既に韓国は中国の手先の如く動いている。と結論付けるしかないわけです。


・・・この結果だけを見れば中国の勝利。私達日本の敗北です。
うん。この点において、ぜひとも勘違いしないで下さいませね。韓国の方々。
よろしいですか?
先の世界遺産登録の問題で勝利したのは中国なんです。韓国じゃないんですからね?
私達日本は、中国が仕掛ける反日攻勢に敗北したんです。
韓国が勝ったとか。負けたとか。そんな小さいレベルの話じゃないんです。
韓国に足を引っ張られる。と言う形でアメリカ陣営は中国に一歩遅れてしまったんです。
だから、今の日本とアメリカは物凄く韓国に怒っているんです。
・・・助けてあげたかったのに。助けてあげたかったと言うのに。


ここまでくると、日韓国交正常化50周年での関係改善と言うのは。
日韓関係にトドメを刺すための緻密に計算された戦略ではないか。
・・・とすら私は疑ってしまいます。
それほどまでに韓国の動きは、あまりにも両極端だったからです。
唐突に関係改善を主張して、また唐突に反日を実行してしまう。
韓国は国家間の約束事。外交交渉を何だと思っているんだっ!?・・・と。
そう思われても文句は言えないでしょう?
最初から私達日本を騙すつもりだったんじゃないのか。・・・ってね。
これで。
アメリカまで韓国を見捨てるとなってしまえば。
韓国の民主主義と人権は死んだも同然です。哀れなり。大韓民国。

そんなわけだから、米韓関係。米韓同盟だけは死んでも守りなさい。
守れ。絶対に守れ。韓国の未来を守れ。命を捨ててでも守り抜くべきです。
そうでなければ韓国の未来は、果たしてどこへ行ってしまうのか。
絶対に。絶対に米韓同盟を守れ。本当の本当に守って下さいませね。


・・・ああ。私はどうしたら良いんでしょう!?私は無力で御座います。
私は・・・ダメだ。韓国を助けられない。私はダメな人間だ。


本日はこれで失礼致します。皆々様。おやすみなさいませ。

拍手[0回]

PR
NAME
TITLE
TEXT COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
ササラド
性別:
非公開
P R

ルワンダ中央銀行総裁日記 (中公新書)

新品価格
¥1,037から
(2015/1/27 23:02時点)

昭和史 1926-1945 (平凡社ライブラリー)

新品価格
¥972から
(2015/1/27 23:12時点)

コレキヨの恋文

新品価格
¥1,728から
(2015/1/27 23:15時点)

Powered by NINJA BLOG  Designed by PLP
忍者ブログ / [PR]