政治 ブログランキングへ さらさらの部屋 韓国最大の不安材料は、パク・クネ大統領の実力不足です。 忍者ブログ
02 . May
さてさて。前回の話題は、先の韓国総選挙に関する話と、
パク・クネ大統領の資質に関する話でしたかね^^;

・・・んー。まあ、これを言うのも今更な感じもしますけれど。
パク・クネ大統領って、政治家以外の道を志された方がよろしい人でしたよねぇ。
お父さんのパク・チョンヒ大統領と同じものになりたかったのかもしれませんけど。
やっぱり韓国大統領となるには、荷が重かったですよねぇ。・・・うん。


とまあ、そんな流れで本日の話題で御座います^^;
・・・まあ、何と言いましょうか。
これから先の未来の話をしようと思っていたんですが、今のままでは出来ません。
本日は、それについての話題で御座います。それでは参りましょう。
それで、ですねぇ。
これから先の韓国の未来を論じる前に。至極単純な話と致しまして。
先の総選挙で政府与党が敗北してしまった以上。
パク・クネ大統領の立場は極めて厳しくとなり、政権運営も非常に難しくなります。
えーと。事ここに及んで遠回しな表現を用いる意味も無いので、はっきり言いますと。

・・・無理です^^;

今のパク・クネ大統領にまともな執政。政権運営など出来るはずがありません。
これから残りの任期1年10カ月。ほぼ2年間もの時間。
韓国における政治の一切は、半ば停滞するだろう事は確実です。
まっ。そりゃあね^^;
大統領就任当初から今に至るまで満足な政治が出来なかったのに。
さらに状況が難しくなる。となってしまえば、誰の目にも絶望的なのは明らかです。
政府与党。パク・クネ大統領の支持率は今よりも低下する事は間違いありません。
事実。既に韓国国内のメディア。世論では次の大統領の議論が行われている始末です。
それくらいに・・・もうどうにもなりません。


いや、実を言いますとね^^;
このように絶体絶命の窮地にあるパク・クネ大統領にも、一応ね。
現状を打開して支持率を回復させ、主導権を取り戻す方法があるにはあるんです。
ただし。
当然のように伸るか反るかの大博打。と言う極めて難しい手段でして・・・。
今のパク・クネ大統領に、それが実行可能なのかどうか。かなり微妙なんです^^;
正直な話。
今ここで打開策について書くべきかどうか。パク・クネ大統領を助けるべきか否か。
それが妥当な判断であるのかどうかすら、ちょっと怪しいんです。
あまりにもパク・クネ大統領が実力不足なので、何を言っても無駄じゃないか?
・・・と私には思われてならないんです。うん^^;



いやぁ~。やっぱりね^^;
やっぱりネックになるのはパク・クネ大統領の個人的な実力で御座います。
とにもかくにもパク・クネ大統領は、一国の国家元首を名乗るには実力が低過ぎます。
うん。そうですね。
今の韓国の危機的な状況と言うのは、半分以上パク・クネ大統領自身が作ったものです。
だから、どれだけ事態打開のための手段を提示したとしても。
それを実行するだけの実力が無ければ、全てがパーです。

私達日本としては今の韓国。・・・と言うよりもパク・クネ大統領の政治的な資質。
国家元首としての実力の無さを、極めて重大かつ重要な問題として憂慮するべきです。
この点が解消されない限り日本政府。安倍政権が本格的に韓国の国家戦略を組み立てる事。
何らかの言動を見せる事について、私は物凄く警告するところで御座います。
あまりにもリスクが高過ぎるからです。


でね。

私の結論と致しましては、今の韓国に対する国家戦略は組み立てる必要は無い。と、
そのように私は個人的に考えている次第です。
と言うのも。
韓国の国内情勢があまりにも不安定なので、国家戦略を組み立てられないんです。
これから先の韓国の未来予想がまったくもって不明瞭。
何一つ。まったくもって「わからない」のです。


それくらいに実力不足の人物が大統領になっている国家に対して。
果たして。どんな国家戦略を組み立てる事が出来ると言うのでしょうか?
・・・出来ないんです。
いやまあ、前回にも話題にしましたように。
それほどまでに先の韓国総選挙での自爆が大きかったわけですね^^;

あれだけ見事に。盛大な自爆をしてしまう程度には。
パク・クネ大統領の実力が低いとなってしまうと・・・何一つ協力が出来ません。
どれだけ韓国の現状を説明し、そのための打開策を提示したとしても。
それを実現させるだけの実力があるかどうか。わからないからです。
・・・中途半端に知恵を与えても、それが原因で事態が悪化するかもしれない。
こちらの善意が完全完璧に逆効果になってしまう危険性すらあるからです。


・・・まさか韓国の内政に干渉して。
私達日本が直接的に韓国を統治するわけにもいかないでしょう?^^;
ですから、内政不干渉の原理原則から考えても今の私達日本。
他国の人間が韓国に対して出来る事って何も無いんです。


だとすれば、もう韓国については棚上げするしかありません。
韓国国内のメディア。韓国世論がそうであるように、次の韓国大統領が選ばれるまで。
韓国に対しては、事実上の放置をする以外に方法がありません。
今の韓国と協力する事は、しつこいようですがリスクが高過ぎるからです。

まあ、今のパク・クネ大統領の任期が残り1年10カ月。
なので、ほぼ2年近くは韓国の政治が停滞するはずですからね。
そんな状況では私達日本を含めて。世界中のあらゆる国家が韓国に協力出来ません。
せいぜい現状を維持する事が限界です。
私達日本も、そして、アメリカも韓国の安全保障に現状維持以上の事は望みません。
・・・今の韓国には現状維持すら出来るかどうか危うい。と思っているくらいです。


と言うわけで。
今の韓国が、これから先に何をどうしようとしたとしても。
誰も何もしない事でしょう。・・・それ以上の事が出来ないからです。
うん。韓国を変えられるのは韓国人だけだからです。

もっと言いますと。
最悪の場合。パク・クネ大統領が暗殺されてしまう可能性すらありえますが。
それについても助けてあげる事は出来ません。
内政不干渉の原理原則によって、国際社会の誰もが助ける事が出来ないからです。
・・・繰り返しますが、韓国の未来を決めるのは韓国に生きる人々だけだからです。




とまあ、こんなところかな^^;

いやぁ~。ホントにねぇ。
ただでさえ韓国には不確定要素が多かったのに。
さらにパク・クネ大統領の実力不足によって、今以上に政治情勢が混迷するとねぇ。
もう誰一人として韓国の未来を予測する事は出来ないでしょう。
ただ。
極めて韓国経済が低迷し、国民生活が困窮し、国内情勢の全てが悲劇的になる。
・・・と言う漠然とした恐るべき未来だけは、誰もが予想しているでしょうけどね。


それにしても・・・。
これほど悲観的な結論になるとは、私も書きながら予想外でした。ナハハハ^^;
いや、本当にね。まだ打開策はあるんです。
パク・クネ大統領の現状を乗り切るだけの手段はあるんです。
なので、それを私も書こうと思っていたし、実際に書いていたんですけれども。
書いている最中に、今のパク・クネ大統領に実現出来るかどうか。
そして、実際に実行した場合に発生する副作用のような悪影響。
それがパク・クネ大統領によって予想外に大きくなるんじゃないか?

・・・先の韓国総選挙では政府与党の一切合財を巻き込んで大自爆をしたように。
韓国どころか。私達日本まで巻き込んで自爆されたら、まったくもって洒落にならない。
そうなるくらいなら任期満了まで「何もしない」でいてくれた方がマシだろう。


そんなような事を考えたら、書けなくなっちゃったんです。うん^^;
韓国一国。パク・クネ大統領一人を助けるために、そこまでのリスクを国際社会。
世界全体に背負わせるわけにも・・・いかないよなぁ。
・・・などと思って、書いた文面を削除しました。
ちょっとね。今の韓国。パク・クネ大統領って面倒見切れないんですよねぇ。


うん。私達日本としてはね。
懸案だった日韓合意を実現させたので、コレ一つだけで他にやるべき事はありません。
ええ。未だ日韓合意は完全に履行されていませんけれども。
私達日本としては、日韓合意が履行されるかどうか。なんて、
さしたる問題ではありませんからね。

ええ。韓国の方々は御存じないでしょうけれども。
日韓合意は、別に日韓関係の改善だけを目的としたものでは無いんです。
・・・あれには、もっと別の。極めて高度に政治的な目的があったんです。
まっ。この話については後日改めて話題にしますけれどね^^;


ともかく。
今の日本にとっては、今の韓国と今以上に協力する事はありませんし。
そもそも協力出来るような状況ではありませんからね。
今は・・・仕方ない。として棚上げする以外にはありません。
私達は韓国人ではありませんからね。本当に仕方ない事で御座います。いやはや。


それでは本日はこれで失礼させて頂きます。皆々様。おやすみなさいませ^^

拍手[1回]

PR
NAME
TITLE
TEXT COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
ササラド
性別:
非公開
P R

ルワンダ中央銀行総裁日記 (中公新書)

新品価格
¥1,037から
(2015/1/27 23:02時点)

昭和史 1926-1945 (平凡社ライブラリー)

新品価格
¥972から
(2015/1/27 23:12時点)

コレキヨの恋文

新品価格
¥1,728から
(2015/1/27 23:15時点)

Powered by NINJA BLOG  Designed by PLP
忍者ブログ / [PR]