政治 ブログランキングへ さらさらの部屋 GSOMIAの一件では、韓国の攻略法が判明したと思います^^; 忍者ブログ
24 . November
やれやれ。今日中に書き込もうと思っていたんですが。
ちょっと眠ってしまって、こんな時間になりました。ナハハハ^^;


とまあ、そんな私の事はともかくとして。
前回は韓国がGSOMIAを延長した話だったんですけどね。
これね。
ちょっと私も改めて考えてみたんですけれど。
今回のGSOMIA延長の一件って・・・ちょっと大きいかもしれません。

うん。大した事は無い問題だろう。と私も最初は思っていたんですけど。
よくよく考えてみると、今後のアジア情勢に大きな影響を与えると思います。
日米両国。日米同盟の朝鮮半島戦略はもちろん。
アジア戦略それ自体が変わるかもしれない。と私は考え直しました。


と言うわけで。
なぜに私が考え直したのか。その理由を本日の話題にしたいと思います。
それでは参りましょう^^

でまあ、早速本題に入りまして。
なぜに私が考え直したのか。と言いますとね。
今回の一件では、明らかに韓国側が一方的に譲歩したんです。
それこそ世間一般で指摘されているように、完全なる韓国の敗北なんです。
なので、普通であればね。
韓国。ムン・ジェイン大統領は、この結果を絶対に受け入れないはずなんです。

うん。そうですね。
てっきり私もそうなるだろう。と思っていたんです。
どんなムチャクチャな屁理屈を言い続けてでも、絶対に自分の責任は認めない。
何度となく現実逃避を続けて、今回もまた同じように現実逃避をするだろう。
何一つ現実を見る事なく、身勝手な妄想のままに自爆を続けるだろう。・・・と、
そのように私も諦めていたんです。


ところが、です。

実際には韓国側は譲歩した。全ての主張を取り下げて、GSOMIAを延長した。
事実上。韓国は自分達の間違いを認めて、自分達の敗北を受け入れたんです。
これは非常に。物凄く驚くべき事だと思います^^;
なぜならば、あの韓国。ムン・ジェイン大統領が現実を直視した。・・・からです。

ここまでの考えに至った時に、私も韓国に対する認識を改めました。
韓国は、本当の本当に何も考えていなかったわけじゃない。
現実を直視出来なかったわけじゃない。
無自覚に支離滅裂な主張を続けるような、異常な思考回路をしていたわけじゃない。

うん。そうです。
韓国は現実を直視し、道理や理屈を理解し、譲歩や配慮も実行した上で。
その上で自分達の敗北を受け入れる事が出来た、わけです。
こんな事なんて韓国には永遠に出来ないだろう。と思っていたんですけれど。
実際はそうじゃなかったんですっ!やろうと思えばやれたわけです^^;


いやぁ~。あのね。
これは物凄く偏った意見だと言う事を百も承知の上で。
その上で、あえて誤解を恐れずに言わせて頂きます。
あの韓国と言うのは、人間らしいマトモな事が出来たのかっ!?・・・です。

うん。そのように私は驚愕しました^^;
そして、そう考えたのは私だけじゃないでしょう。
日本人。アメリカ人の大多数が半ば韓国人については諦めていたので。
その意味では誰もが驚いたはずです。
そんなわけで。
今回は従来の韓国に対する認識が大きく改められた一件だったなぁ。と思います^^


でね。

このような結果を見た時に、日本とアメリカの朝鮮半島戦略。
アジア戦略と言うのも、ちょっと変わるだろうなぁ。とも私は思ったんです。

そもそもの話として今までの日本とアメリカと言うのは。
冗談でも何でもなくて、割と本気で韓国を切り捨てようとしていました。
その理由は、韓国を確保し続けていくリスク。そのためのコストが莫大だったから。

どれだけ苦労に苦労を重ねても、サッパリ韓国はマトモな国家にならない。
どれだけ冷静な話し合いを重ねても、まったくもって現実を見ようとしない。
これ以上ないくらいに日本とアメリカが支援に支援を重ねても。配慮に配慮を重ねても。
満足に感謝の一つもしないどころか。不平不満を続けて身勝手な事ばかり言い続ける。
挙句の果てに、平気な顔で中国や北朝鮮に迎合するような。
誰が味方で誰が敵なのか。一向に理解しようとしない。

・・・何なんだアイツらはっ!?


とまあ、そんな感じが昨今の日本とアメリカの正直な感想だったと思います^^;
もうね。
あまりにも韓国をアメリカ陣営に組み込んでおく事が大変で。
泣きたくなるくらいに辛くて苦しいので・・・。
これは切り捨てた方が良いんじゃないか。との意見が主流になりつつあったんです。

事実。韓国と言うのは異常なまでに非協力的でした。
同盟国とは到底思えないほどに、日本やアメリカに対する態度は不誠実でした。
もう本当に日本人とアメリカ人が、一人の例外も無く激怒する。と言う程度には。
その程度には韓国の言動は劣悪極まるものだったんです。

それで客観的に。これらの結果だけを見た上で言わせて頂きますけど。
韓国と言うのはね。
どうあっても敵と戦おうとしないんです。ただひたすらに味方を裏切る。
あろう事か。韓国は味方と戦おうとするんです^^;
なぜならば。
敵と戦ったら反撃されるけど、味方と戦えば反撃されないから・・・です。

いや、これは冗談じゃないんです。もう笑い話とかじゃないんです^^;
こんなバカな事を本気でやってきたのが、韓国と言う国家だったんです。
だから、本当にね。
もう韓国は普通じゃない。異常だ。どうにもならない。として、
現実的に韓国が日米両国から切り捨てられて。
アメリカ陣営から離脱する可能性は、本当の本当に存在していたんです。

・・・私個人としても、もう無理だ。と思っておりました。



しかし、です。

今回の一件で日本とアメリカの韓国に対する認識は変わった。と思います。
おそらく私と同じように日米両政府は何を言っても無駄だ。何をやっても無駄だ。と、
韓国との意思疎通は不可能だ。と半ば諦めていた状態だったはずです。

ですが、今回のGSOMIAの一件では韓国。ムン・ジェイン大統領は従ったんです。
日米両国双方の意向に従って、GSOMIAの延長を発表した。
現実を直視して、マトモな思考をしてマトモな決断をしたんです。

まあ、ここで私が何を言いたいのか?と言いますとね^^;
理解不能にして、制御不能と思われていた韓国。ムン・ジェイン大統領は。
実際には圧力をかける事で制御可能である事が判明した。・・・って事です。


いやいや、この発見は非常に大きいと思いますね^^

韓国には何を言ったところで無駄だ。どうにもならない。と思われていたし。
特に現在の韓国大統領は、自分の妄想の世界から出られない狂人。
あの常に現実を無視し続けてきたムン・ジェイン大統領です。
どう対処すれば良いのかわからない。もはや切り捨てるしかない。と、
誰もがそう思って、誰もが諦めかけていたんです。

ですが、現実的には何と言う事はありません。
中国や北朝鮮と同じように圧力をかければ、中国や北朝鮮と同じように韓国は従う。
あのムン・ジェイン大統領ですら、圧力をかければマトモに行動する事が証明された。
なんだ。こうすれば良かったのか。・・・と、
まさに韓国に対する使用法。攻略法が判明したって事ですからね。うん^^;


そして、そうだとすれば話は実に簡単です。
今後は圧力を前提とした強硬姿勢で韓国。ムン・ジェイン大統領に対応すれば。
一から十まで従わせる事が可能だ。と言う事です。

今までのように韓国に配慮したり。譲歩したり。支援したりするから。
どれだけ冷静に話し合ってもサッパリ理解しようとしないから。
だから、無駄にリスクとコストが膨張していたのであって。
そのために日本とアメリカは本気で韓国から手を引こうと思っていましたけど。

でも、この方法であれば最小限の労力で韓国を右にも左にも動かせる事になります。
つまるところ。
韓国から撤退する必要がなくなる。・・・って事です^^;


まあ、たぶんですけど、既に日米両政府はこのように考えていると思われますし。
そうだとすればトランプ大統領も朝鮮半島戦略を見直しているかもしれません。
想像を絶するほどに韓国のリスク。コストが膨大であり。
これに加えて北朝鮮。金正恩が予想外に優秀だった事もあって。
朝鮮半島丸ごと全部を中立地帯。緩衝地帯とする。みたいな動きがありましたし。
私個人としても、それが最善だと思っておりました。

でも、実際には圧力をかければ、いくらでも韓国のリスクもコストも減らせるし。
想定外に北朝鮮。金正恩の交渉が停滞している・・・のであればね。
何も無理に交渉を続ける必要は無いし、別に今まで通りの現状維持でも問題無い。

繰り返しますが、圧力をかければ、いくらでも韓国は言う事を聞く。
つまり、いくらでもコストを下げられる。
今回のGSOMIA延長と同じように圧力をかければ。
いくらでも韓国は譲歩する。マトモに行動する。在韓米軍の費用も負担させられる。
だとすれば。
何も韓国からアメリカが手を引く必要は無いじゃないか。・・・ってね^^;


うん。そうですね。
このように現在のアメリカ政府。トランプさんなら考えを改める可能性があります。
そう考えますと今回のGSOMIAの一件は非常に大きいですよね^^

韓国。ムン・ジェイン大統領の使用法。攻略法は判明したとすれば。
今後はガンガン圧力をかけて韓国丸ごと全部を日米同盟が掌握すればよろしい。
いくらでも中国や北朝鮮の影響力など排除出来ます。
ええ。そうですとも。
日米同盟こそがアジア最強の安全保障体制なのであって。
中国や北朝鮮などよりも遥かに強く、遥かに強い圧力をかけられるからです。
韓国。ムン・ジェイン大統領は、より強い相手に迎合するはずであり。
必ずや中朝では無く日米に屈する事でしょう。



しかしまあ、何と言いましょうか。
意外なほどにムン・ジェイン大統領も大した事ありませんでしたよねぇ。
いやいや、私も過大評価していたみたいで御座います^^;

強烈な北朝鮮のシンパだ。激烈な反日主義者だ。
理屈が通用しない。支離滅裂な主張を繰り返し自爆を続ける破滅主義者だ。・・・と、
そんな風に考えていたんですが、こんな簡単に屈服してしまうわけですからねぇ。
これだけマトモな思考が出来る臆病者だったとは思いませんでした。ナハハハ^^;

でまあ、韓国の親北派。従北派のトップが、こんな情けない人物だと言うのならば。
その気になれば、すぐにでも排除出来る烏合の衆と言う事にもなります。
なんだ。いくらでも韓国情勢をひっくり返せるじゃないか。・・・です^^;



それで、そう考えますとね。
私は前回に今まで以上に酷い反日が行われる。と、
そんな事を書きましたけど、どうやら杞憂に終わるかもしれませんね。

・・・いえ、それどころか韓国は反日をやらないかもしれません。
仮にムン・ジェイン大統領が狂ったように反日を主張したとしてもね。
もう韓国国内では今までのように反日は盛り上がらないかもしれません。

と言うのも、何度も言いますが韓国は敗北を受け入れたからです。
つまり、明確に上下の序列が決定した。・・・って事です^^;
そして、韓国が上位者に対して反発出来るか。と言うと出来ないんです。

韓国は格下と判断した相手には極めて理不尽な言動を見せます。
それに対して、格上と判断した相手には極めて卑屈な言動を見せるんです。
なので、その点を考えると反日どころか。
今後は日本に迎合してくる可能性があるかもしれません。



いや、これはこれで・・・ある意味でやっかいです。
この点については前回にも指摘した懸念事項になるからです。

極めて強力な圧力をアメリカが仕掛けた事で韓国の保守派。親米派が触発されて。
自分達の争いに在韓米軍を巻き込もうとするように。
日本の場合も迎合によって韓国の争いに巻き込もうとする可能性があります。

うん。これはね。ちょっと怖いですよ?^^;
他者に対する迎合により自分達の争いに巻き込む事と言うのは。
韓国人。朝鮮人にとっては十八番です。
他者に迎合し、媚びへつらい、懇願して。歎願して助けを求める。とか。
どこまでも無様に。ワンワンと大泣きしながら、助けてくれ。と絶叫する。とか。
その程度の事は平然と実行してきますからね^^;

重ねて申し上げますが、絶対に同情してはダメです。
あらゆる手段で巻き込もうとしてくるはずなので。その点だけは注意するべきです。


ちなみに。
ここで同情してしまったのが、かつての日本です。
それが恐ろしく大きな間違いであった事は、その後の歴史が明確に証明しています。
日本の優しさが完全に裏目に出てしまいましたからねぇ。本当に・・・。
決して同じ間違いは絶対に繰り返してはならない。
よって。
どれだけ韓国。朝鮮半島を哀れに感じても、絶対に手を出すべきでは無いし。
何があったとしても、むやみに手助けしてはならない。・・・って事です。



いや、これは見捨てるようで無慈悲に思われるかもしれませんけどね。
でも、実際には大丈夫と言うか。これこそが最善なんです^^

改めて申し上げます。
外部勢力が存在しなければ、絶対に朝鮮半島の争いは本格化しないんです。
必ず中途半端なところで尻すぼみになって、何事もなく終わります。
なぜか?
それは韓国。朝鮮半島が敵と戦わず味方と戦おうとするから、です^^;
だから、どんな反体制派であろうとも必ず四分五裂して消滅するのであって。
中途半端に外部勢力が介入しようとするから、争いが無駄に激化するんです。

よろしいですか?
韓国人。朝鮮人を助けようとすればするほどに、逆に犠牲が増えるんです。
彼らの事を思うのであれば、何があろうとも助けるべきじゃないんです。
断じて不用意に朝鮮半島内の争いに介入してはならない。そういう事です。


どうせ誰も介入しなければ自然消滅するんだから、一定の距離を取って近づかない。
それが韓国及び朝鮮半島に対する対処としては最も適切であり、最善なんです。
ぶっちゃけ。
朝鮮人同士の争いなんて、勝手にやってくれ。・・・です^^;
これを今後の国際社会では共通認識とするべきであり。
もういっそ明確な国際法として確立させるべきである。と私は強く主張します。



最後に改めて確認します。
今回のGSOMIA延長を決断したのは、バリバリの親北派。従北派の政権であり。
その権化とも言うべきムン・ジェイン大統領だったんです。
そんなムン・ジェイン大統領だとしても、アッサリと圧力に屈したわけです^^;
わざわざ親米保守の政権やら大統領を樹立させずとも。
圧力さえかければ、いくらでも従わせる事が可能だと証明されたんです。

わかりますでしょう?
かつて中朝の工作なのか。蝋燭デモによりパク・クネ前大統領が弾劾されましたけど。
別にあんな無駄な事を仕掛けなくても良いんです。
だって保守派だろうが左派だろうが。関係なく圧力により従うんですから^^;
韓国大統領なんて誰でも良いんです。
どうせ最終的には力ずくで従わせれば良いだけの話だからです^^;


だから、韓国国内の争いに介入する事。
保守派。親米派を支援するような事は必要無いんです。
逆に不用意な介入をすれば争いが激化して、無駄に韓国国内が混乱するだけです。
外部勢力からの外圧が無ければ、必ずや彼らの争いは自然消滅します。
何度でも申し上げます。無視するべきです。

ついでに言えば、韓国経済が破綻したとしても無視するべきです。
外圧さえなければ経済破綻しようが何をしようが。彼らは争いません。
どんな劣悪な状況になったとしても、文句を言う以上の事はしないからです。

この点についてさえ守っていれば、驚くほど韓国のリスクとコストは激減します。
日本とアメリカの負担は物凄く楽になると思います。本当にね^^



うん。こんな風にしていけばね。
案外簡単に韓国の問題って解決するかもしれませんね。いやはや^^;

それでは本日もまた失礼致しました。皆々様。おやすみなさいませ^^






拍手[6回]

PR
NAME
TITLE
TEXT COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
ササラド
性別:
非公開
P R

ルワンダ中央銀行総裁日記 (中公新書)

新品価格
¥1,037から
(2015/1/27 23:02時点)

昭和史 1926-1945 (平凡社ライブラリー)

新品価格
¥972から
(2015/1/27 23:12時点)

コレキヨの恋文

新品価格
¥1,728から
(2015/1/27 23:15時点)

Powered by NINJA BLOG  Designed by PLP
忍者ブログ / [PR]