政治 ブログランキングへ さらさらの部屋 私は無駄に内政不干渉の原理原則を守る側の人間だったりします^^; 忍者ブログ
21 . August
「ど」の字さん。コメントありがとう御座います^^

おお。よくぞ菅原道真公の遣唐使廃止を話題に出されましたね^^
これは一般的な日本史の事業では意外なほどアッサリ流される事が多いのですが。
この遣唐使の廃止は、日本史の一大転換ともいうべき重大事件だっただろう。と、
そのように私も考えている次第で御座います。
まさに日本の命運を分けた。と表現してもよろしい英断だったと思いますね^^


それで、ですねぇ。
中国などの特亜が自分達の争いに近隣諸国を巻き込もうとしている。と言う点ですが。
私の正直な感想を書いてしまいますとね^^;
特亜が自分達の争いに他国を巻き込もうとしている。と言うだけであるのならば。
まあ、可愛いものだ。と見逃せるレベルの話だろうと私は思っています^^;

前回も書きましたが、私達日本やアジア諸国が問題視しているのは。
特亜が外に対して攻撃を仕掛けて、アジア地域の平和と安定を乱そうとする場合です。
その場合では内政問題ではなくて明確な国際問題。アジアの問題として扱うべきです。
だから、単なる内輪揉め。特亜による同族同士の争いと言う程度の話であるのならば。
気が済むまで好きなだけやれば良い。と私は思っておりますし。
その段階であれば内政問題として扱うべきです。

ほら。前回に「ど」の字さんが色々と指摘して下さいましたでしょう?^^;
中国に干渉する事は相応のリスクが伴う行為でもありますからね。
あくまでも中国国内だけの問題であれば、あえて手を出す理由なんかありません。
私達日本は別に世界の警察ではありませんからね^^;
そこまで日本が対応するような。おんぶにだっこまでする義務。責任はありません。


また、そうするようにメディアなどが仕向けているのならば。
その場合には極めて高い確率で特亜から金が流れているだろう。と思われます。
ですので、その金の流れを止めてやれば自然と消滅していくはずです^^;

あの・・・やっぱりね。
今のメディアが偏向報道をする理由があるとすれば利益。利権だと思います。
これがあるからジャーナリズムと言う正義を無視したような。
極めて無責任な偏向報道なる暴挙暴論。非常に愚かしい事が行われてしまうんです。
だとすれば、そのような偏向報道を潰すのならば迷わず利権を潰す事です。

んー。政治的な権力。国家権力によってメディアを規制しますとね。
どうしても報道の自由。ジャーナリズムへの侵害だ。との意見が出てきます。
いやまあ、あれだけ偏向報道をしておいて、どんな顔でジャーナリズムを語るんだ。と、
私個人としては非常に憤りを覚えるところではありますが^^;
確かにね。報道の自由。表現の自由の権利を守る。と言う主張には一理あります。
つまり、その一理の分だけ手段としては悪手なのです。


本気で偏向報道を潰したいと思うのならば利権。金の流れを止めるべきです。
報道それ自体に手を出さずとも、それだけで自然に偏向報道は無くなります。
ええ。そうですとも。
本当のジャーナリズム。表現の自由と言う正義によって今の報道が行わているのならば。
仮に利権を潰したところで、今と同じような報道は続けられるはずです。
うん。そうでしょう?メディアの方々。
自分達こそが正義と言うのならば、利権を奪われたとしても何の問題も無いはずです。
自分達の正義。ジャーナリズムに対して真摯な姿勢で報道を続けるのならば。
その誠実な姿勢を支持する人々が、必ずや貴方達を支援してくれるはずですものねぇ。

前回に指摘したように、日本社会を混乱させる事を目的とするような。
それこそテロリストの自爆テロのような報道でもない限りは。
利害関係を超えてメディアの報道を支持する人々がいるはずです。
そこに正義があるのならば、その正義を支持する人々が必ずいるはずです。
ならば何も恐れる事は無いでしょう。思う存分に報道をなされればよろしい。
それこそが表現の自由。報道の自由なのですからね。

・・・とまあ、こんな感じかな^^;


それで次は民主主義についての話ですね。

いやいや、なかなか大きなテーマの話で御座いますね^^;
私個人の見解としては多種多様な主義主張。価値観を政治に反映させる事。
それこそが民主主義における最大の美点である。と考えております。

なので、民主主義を否定なされる方々と言うのは。
何らかの価値基準を最良のものとして、政治を運営しようと考えていると思われます。
しかし、どんな価値基準であろうとも必ず一長一短なんです。完璧では無いんです。
・・・完璧だと勘違いして物凄い大失敗をしたのが共産主義。社会主義です^^;

そもそも何か一つの価値基準によって世界中の全ての問題が解決するのであれば。
それこそが唯一無二の政治システムになっていないとおかしいんです。
でも、そんな魔法みたいな方法。システムなど存在しません。

ですので、特定の基準に偏り過ぎない事。すなわち権力の暴走を阻止する事。
そのために多種多様な主義主張。様々な価値観が相互に監視し合う状態。
それこそが議会制民主主義の妙味である。と私は個人的に考えております。

まっ。もちろん民主主義に欠点が無い。完璧なシステムである。とはね。
そんな事は私も絶対に言いませんけれども^^;
ただ。やはり民主主義以上の政治システムなんて他には無い。と私も思います。


それで鉄道に限らず。あらゆるテロリズムに対抗する手段があるとすれば。
社会全体が安定しつつ、国民の民度を引き上げながら。
さらに社会全体が緩やかに変化しつつ、多種多様な価値観を受け入れる事でしょう。
・・・安定させるのか。変化させるのか。どっちやねん。と言う話ではありますが^^;
ただそれが出来るのが民主主義なんじゃないかなぁ。とも私は思います^^


でまあ、アメリカの現状がテロリズムに脆弱化し、民主主義が負ける。と言うような。
そんな状態を改善出来るか否か。と言う事については・・・。
アメリカ頑張れ。と言う以外に私から申し上げる言葉はありません^^;

うーん。この返答については。
「ど」の字さんが期待しているものでは無い事は、私も十分に理解しているんですが・・・。
でも、やっぱり私は日本人であり、アメリカ人ではありませんので。
そこまでアメリカの政治について意見を述べる立場では無いんです。
また、アメリカの方々とて他国の人間に口を出されるのは好まないでしょうし。
アメリカが復活するためにはアメリカ国民。アメリカ人が頑張る以外には無いと思うんです。

それでアメリカの変化によって日本の安全保障に不備が発生した・・・と言う場合には。
私達日本は、あらゆる手段を使って穴埋めする事になるのは当然です。
むしろそれが出来なければ主権国家は名乗れませんからね^^;
ですので、これは・・・ちょっと厳しい意見がかもしれませんけど。
もし仮に。
今この瞬間に日米同盟が消滅したのだとしても、それでも即座に対応する事。
当たり前のように日本の国益。日本の平和と未来を守れる事こそが。
日本政府。政権与党たる安倍政権に要求されている義務である。と私は考えております。

・・・まあ、実際に安倍政権。安倍総理なら大丈夫だと思いますけどね^^


それで最後にイギリス。ヨーロッパの話でしたか^^;

んー。まあ、確かに今更と言う感じはしますし。
アジア地域の一国である私達日本がヨーロッパに言及する必要も無いんですけど。
それでもね。
あえて今後のヨーロッパがどうするべきなのか。と言う点を考えるのならば。
是が非でもヨーロッパの安全保障体制。NATOを維持する事でしょう。
これが維持出来ないと言う事は、ヨーロッパの全ての秩序が崩壊する。と言う事です。

そういう意味ではヨーロッパ諸国。その全ての国力をNATOの維持に注いだとしても。
何一つ不思議な話では無いだろう。と言うのが私の個人的な結論です。


あの、悪い模範として韓国などを見て頂ければわかるんですけどね^^
先の韓国大統領選で、今のムン・ジェイン大統領が選ばれたのは。
安全保障よりも経済を優先したからだ。と言う事なんですけれど・・・。
現在のように朝鮮半島が危機的な状態に陥っていてもなお。
韓国国民は経済を選んだ。などと寝言をほざいているわけです^^;

どう考えても安全保障を最優先とするべき状態。国家存亡の危機と言う状態でありながら。
経済と言う目先の損得を選んだ時点で、韓国の未来が地獄に落ちる事が確定したんです。
これと同じ事を今のヨーロッパはやろうとしているわけです。
目先の損得だけで行動し、その先の事を全く考えていない。
結果として安全保障体制の全てが崩壊したとしても、それは自業自得です。


確認のために書いておきますが。
国家戦略の最上位に位置するのが安全保障戦略であり。
あらゆる軍事戦略。経済戦略の全ては、この安全保障戦略に隷属する関係にあります。
にもかかわらず。
この安全保障戦略を無視するかのような経済戦略を実行するとなれば。
その経済戦略は国家戦略として破綻したものだと表現する以外には無く。
当然ながら実行する以前の段階から失敗する事が確定している・・・わけで御座います。

と言うわけで。
今のヨーロッパに対して私が指摘できる点は一つだけ。
経済戦略を論じる以前に、安全保障戦略を一から見直すべきです。
この一番基本的な点が出来ていない限り、何をどうしようと必ず全てが失敗しますし。
冗談でも何でもなくヨーロッパの一定レベル以下の国家は、滅亡する事になると思います。

・・・とまあ、こんなところかな^^;

どうにも基本的な話になってしまって、ごめんなさい^^;
でも、これ以上に踏み込んだ意見は・・・私もヨーロッパの人間では無いのでね。
発言を控えるのが道理であり、礼儀かなぁ。とも思ったわけです^^;



それで、最後に蛇足じみた話なんですけれどね。

今回の話題で取り上げた中国。アメリカ。ヨーロッパ。
どの場合においても私は一つのルールとして。
内政不干渉の原理原則は守られて然るべきだ。と私は個人的に考えているんです。
以前にも書きましたが私の思想は右派。保守。ナショナリズムです。
これは別に日本こそが一番優れている。日本が世界の中心となるべきだ。・・・と、
そんな事を意味しているのではなくて、ですねぇ^^;

その国家の未来は、その国民が決めるべきである。と言う思考の論理で御座います。
昨今のグローバルスタンダードの立場からは完全に逆行する思想ではありますが。
そんな古いタイプの人間が私だったりするわけです^^;

ですから、日本人である私は基本的に日本以外に対する意見を控えているんです。
それでも私が他国に対して意見を述べる場合は、必ず日本が関係する場合です。
相手国の内政問題では無く、日本との国際問題である。と考えて話を進めています。


・・・いやまあ、そこまで神経を尖らせる必要も無いとは思うんですけどね^^;
所詮はチンピラの戯言ですし、こんな世界の隅っこにあるブログですし。
そこまで神経質にルールを守らなくても良いかなぁ。とも思うんですが・・・。

まっ。そんな事情があったりするわけなのです。
だから、その点について期待外れになる場合には、大変申し訳ない。と、
そのように私は謝るしか出来ないわけで御座います。いやはや^^;


それでは本日も失礼致しました。皆々様。おやすみなさいませ^^

拍手[0回]

PR
NAME
TITLE
TEXT COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
ササラド
性別:
非公開
P R

ルワンダ中央銀行総裁日記 (中公新書)

新品価格
¥1,037から
(2015/1/27 23:02時点)

昭和史 1926-1945 (平凡社ライブラリー)

新品価格
¥972から
(2015/1/27 23:12時点)

コレキヨの恋文

新品価格
¥1,728から
(2015/1/27 23:15時点)

Powered by NINJA BLOG  Designed by PLP
忍者ブログ / [PR]